chill vill-愛犬と一緒にのびのび暮らしたい。スキップフロアでつながる空間

Kさんご夫婦は、もともと、ブルースタジオが企画、建築デザインを手がけた新築 賃貸共同住宅「青豆ハウス」に長年お住まいでしたが、通勤に便利な自転車通勤できるエリアで中古マンションを購入し、リノベーションして住むことにしました。

ポイントは愛犬(小型犬)と暮らしやすい部屋にすることと、立体的な形を取り入れること。ご主人は「ゲームを楽しめる空間が欲しい」、在宅で働く奥様は「ワークスペースが欲しい」と、それぞれのリクエストもありました。特徴的なリビングは、空間を大きく二つに区切り、一方を同じ空間の中で少しずつ段差をつけた3層のスキップフロアに。1層は愛犬の部屋、2層はワークスペース、3層はゲームスペースに分けました。

犬のグルーミングがしやすい洗面台は、台は少し高めに、シンクは深く設計し、シャワー設置。「トイレはハレの空間にしたい」という奥様のご希望で、「WALPA(ワルパ)」という専門店の壁紙を使いました。犬と人間、双方にとって居心地の良いお家の完成です。

  • 666
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
LDKからキッチン・玄関方面を見る
リビングの隣にはキッチンが。動かせない配管を隠すため柱にした
リビングの隣にはスキップフロアのホビースペース。下は犬のケージと収納
リビングの隣にはキッチンが。動かせない配管を隠すため柱にした
キッチンからリビングを見る。右手がホビースペース
犬の世話がしやすいよう深さのある洗面ボウル。グルーミングができるスペースにはリードフックも
トイレにはまるで絵のような壁紙をセレクトした。本来の絵は逆さですが、そのままだと花が奥へ向いてしまうので、あえて逆に貼っている
  • 666
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード