ワーママ必見!キッチンで使える時短術

ワーママにとっては、キッチンにいる時は常に時間との戦いですよね。
私は料理が苦手なので、特に忙しい夕方は常に時計を見ながら動いていました。
ですが、いくつか時短技を身につけてから、夕方の忙しい時間にコーヒーを飲みながら料理する余裕も出てきました。
そんな時短技について、いくつか紹介します。

  • 78859
  • 564
  • 1
  • いいね
  • クリップ

買い物したものはあらかじめ分類しておく

買い物をして帰ってきた時に、袋の中から食材を出してそれぞれの場所に片付ける作業がとても無駄に感じていました。
そこで、買い物をして袋づめするときにドライ・冷蔵・冷凍に分けて入れるようにしました。
すると、帰ってきてから1カ所にまとめて片付けられるので、あちこち歩き回ったり、冷蔵庫のドアを開けたり閉めたりすることもなくなりました。
忙しい時は、ドライや日用品の袋は後回しにすることもできて、すごく時短になってます。
レジ袋をもらえないところでも、エコバッグに詰める時にかためておくだけで、帰ってからの仕分けがぐんっとラクになりますよ。

レジ袋は丸めてポン!

レジ袋を三角に畳んでしまうのは、とても時間がかかります。
私にはその時間も意欲もないので、セリアで買った収納ケースに丸めてポンっと入れています。

この容器なら見た目もスッキリ見えて便利です!
あらかじめ大きさだけ分類しておけば、使い勝手もいいのでこの方法はおすすめです。

カトラリーは同じもので揃える

箸のペアを探したり、それぞれの場所に並べるのは、意外と時間がかかります。
家族の使うカトラリーを同じ種類で揃えたら、選ぶ時も並べる時もすごくラクになりました。

キッチンの手拭きタオルは、すぐ近くの引き出しに常備

今までは洗濯したキッチンの手拭きタオルは、洗面所に他のタオルと一緒に収納していました。
ですが、ベタベタになって取り替えたい時に、わざわざ洗面所まで取りに行かなければいけません。
そこで、すぐ近くの引き出しに片付けるようにしたら、必要な時にさっととりだせるのですごく時短になりました。

他にも、キッチンで使うものは、全て使う場所の近くに収納したら、とても使い勝手が良くなりました。
最短距離収納についての詳しい記事はこちらから。

時短家事について配信中

いかがでしたでしょうか?
ここで紹介したのはほんの一例ですが、暮らしの中でちょっとした工夫をするだけで、家事の負担はぐんっと軽くなります。

そんな暮らしの工夫については、ブログやInstagramでも配信しているので、ぜひのぞいてみてください。

  • 78859
  • 564
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード