【リフォーム実例】モザイクタイルをアクセントとしたすごしやすい住まい

キッチンの作業スペースや開口部が狭く、リビングへも行きにくいのでなんとかしたい。南側の4.5帖の和室がうまく活用できず使われていないため、有効に使えるようにしたいというご要望をいだたきました。

  • 5808
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

和室とLDKの床の段差をなくし一体化。明るい広々としたLDKとしました。
キッチンからリビングへも行きやすいようになり、すごしやすい住まいとなりました。

対面式のキッチンは、ダイニングとして利用できるようにしています。
LDKと和室を一体化するときには、耐震性を考慮して、キッチン側面の柱を残しています。

デザイン性と使いやすさを両立した間取り

耐震性を考慮した柱を残した部分は、デザイン性のある埋め込み式の飾り棚を設けた間仕切り壁としています。
リビングの雰囲気を季節にあわせたディスプレイで変えられるようになり、お気に入りの場所になりました。

キッチンからリビングへの導線は、モザイクタイルのトンネルをくぐるような楽しい空間となり、すごしやすい住まいとなりました。

和室とキッチンの境部分は、和室をLDKと一体化したときになくなり、対面式キッチンにキッチンカウンターを造作しています。
キッチンに立ったときにも、家族との会話がとぎれることはありません。

キッチンには、ガラス製のパーティションを設置。コンロ周りの清潔性を維持しながら、明るく開放感のある空間としています。

リビングの壁面にも埋め込み式の飾り棚を設けています。
収納も確保しているので、煩雑さがなくなりすごしやすいリビングとなりました。

  • 5808
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ13万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード