実はみんな悩んでる!「キッチンカウンター」の散らかり問題解決の3STEP

整理収納アドバイザーとしてお客様宅のお片づけに伺うと、ほぼ100%の確率でお悩みなのが「キッチンカウンターの散らかり」です。

せっかくの対面式キッチンなのに、カウンターの上がモノで溢れていて作ったご飯も出せない、というお宅もよくお見かけします。

かくいう我が家も以前はモノがちょい置きされまくっていて、ほぼ機能してない状態でした・・・。

そこで本日の記事では、多くのお宅でお悩みのキッチンカウンターのお片づけのヒントについてご紹介したいと思います。

  • 94555
  • 713
  • 3
  • いいね
  • クリップ

「最低限ここまでは!」というゴールを決める

まず、最初に考えておきたいのが、

「最低限ここまでは!」というゴールをどこに設定するか

ということです。

もちろん、全く何もモノがないすっきりキッチンカウンターに憧れはすると思いますが、忙しいママにとっては、それを維持することなんてほぼ無理というもの。

そのため、まずはこれだけは絶対死守する!という自分の家なりのラインを決めておきましょう。

我が家もなんだかんだキッチンカウンターはどうしてもモノが多くなりがちですが、 最低限作った夕食が出せるスペースは絶対に空けるようにする!というのをマイルールにしています。

「今散らかっているモノ」を分類・分析する

ゴールを決めたら次にやっておきたいのが、

「今散らかっているモノ」を分類・分析する

ということです。


例えば、キッチンカウンターによく置いてあるモノは、

・紙モノ系
 →郵便物、チラシ、子供のプリント類など

・文具、雑貨系
 →ボールペン、ポイントカード、写真など

・食品系
 →朝食用のパンやフルーツ、お菓子など

などがあると思います。


そこで、まずは今キッチンカウンターに置いてあるモノはどんな系統のモノが多いのかを分類してみましょう!そしてその中で、絶対キッチンカウンターに置かないと困るモノはどれか、を選別しましょう。

キッチンカウンターは高さ的にも動線的にも便利なので、ついちょい置きしがちな場所ですが、限られたスペースのゴールデンゾーンなので、置くものはできるだけ厳選したいところ。

そのため、なんとなく置いてしまっているものは諦めて、別の場所に定位置を作りましょう。

入ってくるモノの処理方法を決める

そして、一度今散らかっているモノを整理してリセットできたら、

日々入ってくるモノの処理方法を決める

ことが大事です!


キッチンカウンターは家の中心的な場所でもあるので、気づくとモノが増えがちです。
そのため「コレが入ってきたらこうする」という処理方法をあらかじめ決めておくことがポイントです。

例えば我が家の場合であれば、

◆郵便物の場合:
1.帰宅後にすぐ開封する
2.住所が書いてある箇所とすぐ捨てられる紙ゴミに分ける
3.住所が書いてあるものはシュレッダー横の一時置きボックスに移動(週末にまとめて処分)
4.すぐ捨てられる紙は新聞ラックへ


◆いただきもののお菓子の場合:
1.いただいたらすぐパッケージから出す
2.ジッパー付きバッグに入れ替えてお菓子収納用の引き出しに移動
3.入り切らないものはキッチンのブレッドボックスに入れるか、寝室にあるストック棚に移動


・・・という感じでよく散らかるモノは処理フローを決めるようにしています。

お家ごとに散らかりがちなモノの種類は違ってくるかと思いますが、これが溜まりやすい!というモノがある場合は、それをどのように処理するか事前に決めておくと散らかり防止になります。

以上、多くのお宅で悩まれているキッチンカウンターの散らかり問題解決の3STEPのご紹介でした。

キッチンカウンターは家の中心なので、散らかる原因は他の箇所の収納の仕組みにも問題があることが多いです。

散らかりの中身を分析したら、他の箇所の収納の課題も見えてくると思うので、ぜひキッチンやリビングなどの収納も一緒に見直してみてはいかがでしょうか。

  • 94555
  • 713
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIFE WITH主宰。2人の男児の育児・家事・仕事の両立に奮闘中の整理収納アドバイザー。「元・汚部屋ワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード