日本三大桜名所の一つ、長野県伊那市にある「高遠城址公園」をご紹介!

桜の名所として知られる「高遠城址公園」。長野県のほぼ中央に位置する伊那市にあります。桜の満開時にはライトアップも実施されるので、夜も見ごたえありなんです。

  • 170
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「今年はどこの桜を見に行こうかな」と考えている方。色んな桜の名所があるので、いざ行こうとするとちょっと迷ってしまいますよね。そんな方にご紹介したいのが、「高遠(たかとお)城址公園」。日本三大桜名所の一つで、年間20万人もの観光客が訪れる有名スポットなんですよ♪

“天下第一の桜”と言われる桜の名所「高遠城址公園」とは?

高遠城址公園は高遠城が明治時代に廃城となった後、整備された公園。高遠藩の旧藩士達が植えた桜をはじめ、現在では若木を含め約1,500本の桜が植えられています。中には樹齢約130年の桜もあり、古くから“天下第一の桜”と称されているんですよ。

こちらの桜は「タカトオコヒガンザクラ」という高遠固有の種類で、ソメイヨシノに比べ小ぶりで赤味を帯びているのが特徴。満開時には公園内がピンク色に染まり、その美しさから「日本三大桜名所」、「さくら名所100選」にも選ばれています。一生に一度は見ておきたい桜の名所ですよ。

期間限定でライトアップも!「高遠さくら祭り」に行ってみよう

撮影:BUD International

高遠城址公園の桜の見頃は4月上旬から中旬。公園開きから4月30日までの期間は「高遠さくら祭り」が開催されます。公園内は二の丸や本丸を巡りながら桜を観賞できるようになっているので、ゆっくり散策するのに最適です。

昼に見る桜もキレイですが、夜には期間限定でライトアップが行われているのでオススメです。特に二の丸と本丸を結ぶ「桜雲橋」のライトアップは必見で、美しく幻想的な景色を見ることができますよ♪園内の一部では、カラーライトアップやプロジェクターによる投影も行われているので、ぜひ見てみてくださいね!

高遠さくら祭り

<開催期間>
2019年3月23日~4月30日
<開園時間>
8:00~17:00 ※最盛期は6:00~22:00(最終入園21:30)
<ライトアップ期間>
4月5日から散り終わりまで
<ライトアップ時間>
日没(18:00頃)~22:00
<入園料>
大人(高校生以上)/500円、子供(小・中学生)/250円

高遠城址公園までのアクセスは?

高遠城址公園の最寄駅はバス停高遠駅で、そこから徒歩約15分です。高遠駅までは伊那市駅、もしくは桜の時期に臨時バスが出る茅野駅から乗り継ぎましょう。

茅野駅から行く場合

新宿から茅野駅までは特急あずさで約2時間20分。茅野駅から観桜期のみの臨時バスに約55分乗車します。特急あずさと接続しているので便利です。

伊那市駅から行く場合

伊那市駅へは新宿から中央本線で岡谷駅まで行き飯田線に乗り換え1時間、トータルでは約3時間30分で着きます。伊那市駅からは路線バスで約25分です。

高速バスで行く場合

また、新宿駅から高速バスが出ており伊那バスターミナルまで約3時間25分。伊那市駅まで徒歩5分なので、すぐにバスの乗り換えができて楽です。

車で行く場合

車で行く場合は小黒川スマートICから約25分ですが、さくら祭りの時期は付近がかなり渋滞するのでなるべく避けた方が無難です。

高遠城址公園

<住所>
長野県伊那市高遠町東高遠
<電話番号>
0265-78-4111(伊那市観光協会)

古くから桜の名所として親しまれてきた高遠城址公園。ソメイヨシノとはまた違った美しさも楽しめて、見れば感激すること間違い無しですよ。まだ行ったことが無い方は、ぜひ行ってみてくださいね!

この記事は2018年3月11日に公開されたものを編集したものです。

  • 170
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード