経年劣化して壊れた安物のコンソールテーブルをペイント塗り直して復活させました

実家から譲り受けた、サイドテーブルは経年のために一部は壊れダークな色は部屋にある他の家具とは似合わず。でもペイントで生まれ変わりました。

  • 3318
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダークな色のコンソールテーブルは実家から……しかし!

以前のエアコンのリメイクでも登場しています、このテーブル。
我が家のテレビは壁に設置しているのですが、そのテレビ下に置いてデッキ類などの収納にちょうどいいサイドテーブルなのです。

ところが、ところが。

このテーブルが我が家にやってきた理由ですが、少々の曰くがございます。

元は通販で購入したとってもお安いテーブル。
実家ではテレビ台として活用していたのですが、テレビの重みに耐えかねて形が変形。
どれくらいの変形かと言いますと、一番下のパーツが開いた隙間のために落下する程度でございます。

当然ながら実家では、捨てる決断をしておりました。

そこで捨てられる直前で、捨てるならもらう! と頂戴したのが事の次第でございます。

見た目はまあいいのですが、実は大部分のパーツが接着剤で固定されている合板の塊だったりします。
これはなんとか直そうと分解しようとして知ってしまった事実なのですが……分解しようとするとバラバラに崩壊するものすごい品物でした。

捨てることも買い換えることも検討したのですが、見た目はまだまだ使えそうなことと、上に重いものさえ載せなければ更なる変形は見られないことから、なんとか工夫して更に使い続けることにいたしました。

使うなら、ちょっと新鮮にしたい。
そこで今回は、塗り直したお話です。

右がビフォー、左がアフター

作業工程と必要な道具、資材

資材・道具:

ー サンダー
ー ペンキ
ー ボロ布
ー ブラシ

ー 接着剤
ー ドライバー

工程 1)サンダー

サンダーでございます。

ペンキはそのままでは乗りませんので、表面のコーティングを剥がしつつ新たなペイントをうまく塗るために必要な工程です。

そして崩壊している部分は下の写真にありますね、ここも後ほどなんとかせねばなりません。

この隙間が、変形した証でございます。

工程 2)塗る!

完璧にきれいに仕上げるためには、プライマー(下地)を塗るのがベストです。
ベストではありますが、まあその、理論上で。

ぶっちゃけ言いますと、買いに行くのが面倒だったんです。
そして目の前には、買い込んでいた100均のペンキが二つ。
(スモーキーピンクとクリームです)

経験から言いますと、暗い色の上に白を入れようとすると、うまく乗りません。
だからこそのプライマーなんですが、塗り方をちょっと工夫すると意外にきれいに仕上がったりします。

自己流です、あくまでも。

まずは第一レイヤー。
これを、できるだけ同じ厚さになるように塗っていきます。
下の地の色が見えても構いません。とにかく、うすーく同じ厚さで塗っていきます。

工程 3)第二レイヤー

第一レイヤーが乾いたら、次こそ大事な第二レイヤーです。

マニキュアを塗るのとほぼ同じ感じだと思っていただければ、大丈夫です。

ひとつ違うのは、つるつるに仕上げるだけがゴールじゃない、ということです。

今回は、第二レイヤーを塗るのにアクリルたわしを使いました。

下の写真でなんとなくわかるかと思いますが、アクリルたわしでポンポンと軽くたたくようにして表面にペンキを塗っています。こすらずに、軽くたたくように。

工程 4)取っ手を付け直して、隙間を塞ぐ……

乾いたら、引き出しに取っ手をつけ直します。
引き出しをテーブルに戻して、完成。

……とはいかないのが、今回なのです。

何しろ、あの隙間。5ミリは確実にある、あの隙間を塞いで一番下のパーツを固定しなければ、またいつ落下してくるのか。

ここで素敵な解決策をご紹介できたらいいのですが、すみません。
残念ながら、根本的な解決策は見つけられませんでした。

何しろ元が接着剤でのみ作られた構造なので、ばらすことができません。
更に合板の塊であることは確かだと思うのですが、釘も入らない。
コの字釘で固定しようとしたのですが、全く入らないのです。

苦肉の策として、裏側(非常に写真が撮りにくいため、写真がありません)でワイヤー固定をすること。そして、接着剤。更に接着剤が完全に固まるまで固定するためのグルーガン。

グルーガンですよ、グルーガン。
家具の固定にグルーガンを使う日が来るとは、思ってもいませんでした……。

社長が素通りしてゆく……
なんとか接着剤が固まりました。

今回のポイントは、アクリルたわしで作ったこのテクスチャーです。

少しザラザラして、いい感じです。

そして、完成でございます。

あまりしっかりした造りではないため、この先もしも崩壊するような可能性がないわけではないのですが……それでも、補強と補修で手をかけていけば、まだまだ活躍してくれる気がします。

買い換えるのは簡単なんですけどね、捨てるのも。

生まれ変わらせられるのは、大変なこと。

だけど、その大変なことは世界に一つだけの特別を作るのだと思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • 3318
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。こまどりや: 英語関連(英語講師、通訳・翻訳)と創作関連(イラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード