簡単にできるレジンアクセサリー *ネイルホイルを使ってみる*

レジンを簡単に作る連載の五回目です。
今回は、ネイルホイルを使って一味違うレジンを作ってみます。

  • 4991
  • 27
  • 1
  • いいね
  • クリップ

はじめに

こんにちは、ざくろです。
もう五回目になりました、レジンを簡単に作る連載です。

今回は、ネイルアートなどでオーロラ模様などを作るときに使われる「ネイルホイル」というものを使ってレジン作品を作ってみます。
ちなみに、今回の作品は筆者のメイン画面の画像です。

ネイルホイルを使ってみる

ネイルホイルというのは、爪に貼る薄い箔のことです。
金箔やオーロラカラーなどいろいろあります。
筆者が使用したのは、金箔のネイルホイルです。
「金箔 ネイルホイル」や「金箔 ネイルフォイル」で検索すると、すぐ出てくると思います。
というわけで、作ってみた作品がこちら。

わかるでしょうか?
下地がキラキラしてますよね。
これはマニキュアのラメではなく、ネイルホイルなんです。

作り方は
1.ミール皿にマニキュアを塗る
2.マニキュアが乾かないうちにネイルホイルを貼る(できるだけ凹凸を残したまま)
3.その上からさらにマニキュアを塗る(できるだけ薄く)
4.花などで飾ってレジンを塗る

以上です。
2.のネイルホイルを貼るところですが、綺麗に平らに広げて貼るよりも、凹凸を残す、いわゆる「くしゃくしゃ状態」のまま貼ったほうが雰囲気が出ます。
上の画像では少々見づらいので、さらにアップしてみます。

これは多少ぼやけてはいますが、ネイルホイルの凹凸の影など、結構きれいに撮れたのではないかと思います。
ネイルホイルはとても薄いので(金箔を思い浮かべていただくとわかると思います)、上からマニキュアを塗るのがとても大変です。
「ムラがあるのも味だ」と思いながら塗っていただけると、多少のイラつきも落ち着くと思います。(筆者は不器用の上短気なので、綺麗に塗れなくて非常にイライラしました)

リバーシブルにしてみる

ちなみにこの作品、実はリバーシブルになっています。
というのも、ほかのミール皿をネットで注文したところ、お店の方がおまけでリバーシブル用のミール皿をつけてくださったのです。
(「ミール皿 裏表」や「ミール皿 両面」で検索したら出てくると思います。)

というわけで、リバーシブルなんてやったことないけど、いただいたからにはやってみよう! と、裏表で色違いの同じデザインを作ってみました。
裏がこちらです。

こちらのほうがネイルホイルを使っているのがよくわかりますね。
ちなみにマニキュアの色は薄緑(緑寄りの水色?)です。
緑にした理由は、補色とかなんかで赤と緑は正反対の色だったなぁといううろ覚えの知識と、緑が好きだからです。
つなぎに使った臙脂のビーズと違和感なく合ったのではないかと我ながら思います。

裏と表で少し模様を変えたり、色々と面白かったです。

おわりに

今回はネイルホイルの使い方と、リバーシブルについて少々触れさせていただきました。
ネイルホイルはマニキュアだけでは出せない味が出るので、少し違う雰囲気のものを作りたいときにとてもいいと思います。

では次回は、透明のレジン作品について触れさせていただきたいと思います。
ありがとうございました!

おまけ

最近ブログをはじめました。
ブログにて、今回使用した材料のリンクを貼っておりますので、よろしければご覧ください。
下手な絵で作り方も紹介しています。

  • 4991
  • 27
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

レジンやビーズでアクセサリーを作っております。自宅にあるもので簡単に作れたら、をモットーに。minne様にて販売も行っております。〈POMEGRANATE’SG…

おすすめ

話題のキーワード