リフォームでモダンな家に生まれ変わった築45年の一戸建て。暮らしやすさもアップ!

住まいの顔とも言える外観。築年数が経過すると経年劣化に加え、時代にそぐわないデザインが気になってきます。外観と内装、それぞれをリフォームすることで、おしゃれな現代風の住まいに生まれ変わらせることができます! 今回は施工前と施工後の画像を比較しながら、リフォームの魅力をご紹介します。

  • 5660
  • 22
  • 2
  • いいね
  • クリップ

縦長に配置したサッシとバルコニーで、縦方向に視線を集めた外観

こちらが施工前の外観です。施主様のご要望は「築45年の家を和風ではなく洋風の外観に」というものでした。雨戸サッシが家の幅に対して半分以上を占めており、建物を小さく見せてしまっているのがわかります。

また、電線や雨樋、換気扇カバーなども全体的に整理されていないため、経年劣化だけではなく、古めかしい印象に。さらに、かつては和の趣きが良かった植木や庭石も、現代では家が少々古く見えてしまう理由になっています。

これらをクリアし、外観をサイディング張りにすることで新築にも劣らないフレッシュな表情にすることが、まず第一の課題でした。

そしてこちらがリフォーム後。まるで新築のようなさわやかな印象に生まれ変わりました!

電線の引き込みは家の横へ、雨樋も正面からは見えない位置へと変更しました。そして、こちらのお宅は北側向きなので窓は大きく取らずとも良いと判断。その結果、壁の広さを大きくしてシンプル感を出しました。

一番のポイントは玄関上にバルコニーを設けたこと。屋根は付けず、すっきりと縦方向に見せることでスタイリッシュな印象になりました。

仕切り壁をカットし、明るく開放的な空間に

内装リフォームの様子はこちら。もともとあった仕切り壁が空間全体を圧迫していたため、カットして開放的な空間を作り出しました。飾り棚としてもぴったりです。

玄関には色ガラスを取り入れ、玄関の外と中から光のグラデーションを楽しめるように工夫を施しています。

こちらが外から見た様子。引き戸だった玄関扉も、シンプルなドアにすることで、全体的におしゃれな家に生まれ変わりました。色ガラスが、お客様を出迎える玄関の顔として良いアクセントになっていますね。

機能とデザイン、どちらもリフォームすることで暮らしが快適に

コンパクトな一戸建て住宅を、和風から洋風にしたいという施主様の要望を、サッシや外壁、玄関ドアをリフォームすることで叶えることができました。外観の印象に合わせて内装もリフォームし、全体的に統一感が生まれたのもポイントです。築古の物件は、リフォームによって雨漏りなどの機能面での課題も解決され、暮らしやすさもグンとアップします。

家は、長く共生する大切な空間です。住まい次第でご家族の生活も変わります。一生の大切な時間を気に入った住まいで過ごしていただけるよう〔ハウスプラン〕がお手伝いいたします。リフォームを検討されている方はぜひ、お気軽にご相談ください。

  • 5660
  • 22
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

リノベーションから部分リフォームまで、住み心地の良い、住む人のための家作りご要望に沿った家作りをめざします。マンション、ビルの改装、傷んだ古家、長屋のリフォーム…

おすすめのアイデア

話題のキーワード