[DIY]おもちゃ収納!すのこでトイハウスラック作りました☆

2歳の双子がいる妹宅。気がつくとリビングの隅に、山と積み上げられたおもちゃが。
そんな妹宅で、トイハウスラックを作ってきましたよ☆買えば5000円から10000円はするトイハウスラックを、すのこと角材でお安く簡単に!

  • 19615
  • 303
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ホームセンターで揃うすのこと角材を使います☆

材料

□押し入れ用すのこ
(縦850×横約450mm) 2枚
押し入れ用すのこの板2枚分をカットします。
幅が広い方が側板、狭い方が背板になりますよ☆

□角材 15mm角 750mm 4本
□ファルカタ材
幅200mm×長さ750mm 1枚
角材は、おもちゃを入れるカゴを引っ掛ける部分、ファルカタ材は棚板用です。

角材や棚板は、ホームセンターのカットサービスで、希望の長さにカット済み☆
参考にサイズを載せていますが、お部屋のサイズにあわせてくださいませ♪

レッツDIY!ノコギリ、トンカチ登場☆

すのこを解体して、背板にします☆

幅が狭い方のすのこの足を外します。

今回は、収納の邪魔にならないように、4本のうち3本を外しましたが、気にならなければ片側の端の1本を外せばOK☆

すのこ解体の方法と注意点

押し入れ用すのこのしっかりしたタイプは、釘とボンドで固定されているので、外す時は怪我に注意して下さいませ。

桐材は柔らかいので、先に釘の頭を掘り出すようにして釘を先に抜いてから、すのこの足と板の間にマイナスドライバーなどを差し込んで金槌で叩くと、比較的に楽に外せますよ。

すのこの足が外れたら、トイハウスラックの幅に合うように線を引きまして、内側の線には先程外した足をつけ直します☆

内側の線に合わせてすのこの足を戻したら、外側の線でカット!!

反対側も、トイハウスラックの横幅に合わせてカットします☆

こんなものができました♪
これが背板になります。

これは、すのこの足を、側板にするすのこの内側に沿うようにするための作業。
厚みのないすのこの板同士を組み立てるより、「すのこの足」という角材を利用する方が格段に安定感が上がります!

こんな感じ♪

すのこの足が、側板の内側に沿っているのが見ていただけますでしょうか。
この状態で、側板の方から、すのこの足に向かってビスを打ちます!

あとはどんどん組み立てましょう♪

背板と底の棚板を取付けます☆

2枚分のすのこので背板をもう1組作ったら、どんどん組み立てます!

今回、私は「底板をあてがっただけの状態」で背板のビス打ちを最初にしましたが、はじめに底板をビス打ちで固定してから背板を取り付けた方が、組み立てる時に安定するかもしれません。

背板と底板をビス打ちしたら、起こします!
もうほとんど完成~♪

あとは角材を取り付けるだけ☆

すのこの足の上段と、2段目に乗せるようにして角材を取付けます。

ここが、収納カゴをのせるところになりますよ☆

完成です~♪

100円ショップで入れ物を調達して完成☆

できました!
出来上がり寸法
幅770mm×奥行300mm×高さ850mmです。

すのこと角材、棚板と100円ショップのカゴまで含めて、3000円程で妹憧れのトイハウスラックが作れちゃいました(^^)

1台の制作時間は約2時間ほど。
難所はすのこの足を外すところなので、すのこの足さえ上手く外れてしまえば、比較的簡単に作れると思います。

あとは、お好みでペイントすると、お部屋の雰囲気にマッチしてグッとオシャレ感があがるはず!

早速、部屋の片隅に追いやられて溢れていたおもちゃを収納!

見た目以上の収納力で、おもちゃを処分することなく収めることができました(驚。
トイハウスラック、かなりやり手です。

いかがでしたでしょうか☆

最後まで読んでくださってありがとうございました。

いかがでしたでしょうか、トイハウスラック♪
すのこを活用して背板を取り付けたことで、安定感もバッチリです。
子どもたちが角材につかまっても大丈夫☆
いずれ、おもちゃ以外のものを収納することもできますし、何より用途に合わなくなれば解体して違うものに作り替えることも!
これもまたDIYの魅力だなぁと思う今日この頃☆
皆様の参考になれば幸いです(^^)

  • 19615
  • 303
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして☆ようこそお越しくださいました(*^^*)3DKの賃貸アパートの「使いづらい!」、「困った!」を少しでも快適にワクワクできふよう、奮闘中ですo(・`д…

おすすめのアイデア

話題のキーワード