ちょっと待って‼️その鉛筆まだ使えます❤️面白文具を発見✨もったいないを教える文房具✂️

物に溢れてる現代。

何か無くしたり、ちょっと壊れただけで買い替えるのは当たり前。

もったいないという言葉を思い出してみませんか?

  • 45167
  • 142
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!
lovekuma_emilyです。

日々、面白い商品はないか、簡単に出来るDIYはないか100均やホームセンターに通い詰めています。

今回はTVを視聴中に見つけた気になった商品をご紹介します。

それはこちら↓

つなげる鉛筆削り

何とこちら、短くなり使いづらくなった鉛筆を削って繋ぎ合わせる事が出来る鉛筆削りなんです!

説明書をよーく読んでから作業を始めてみます。

一緒に削っていると思ってご覧ください。

本体とペンシルホルダーが入っているタイプを購入しました。
ペンシルホルダーは鉛筆を削る際、鉛筆の持ち手を回しやすくするためのものです。

使わなくても回せましたが、あった方が鉛筆の先が刺さる危険を防ぐことも出来、楽だと思います。

ボンドと、短くなった鉛筆を準備します。

この時、鉛筆の後ろが盛り上がっているタイプや、消しゴムがついてるタイプの後ろ側は削ることが出来ません。

合体した時、1番最後になる場合は大丈夫です。

削って凹穴を作ろう!

↓は本体の蓋部分です。


蓋を回すと、1と出てきます。

鉛筆は凸と凹穴を鉛筆削りで作り、合体させて完成させる文房具です。

その凸凹を作っていきます。

1番外側に穴が開いています。

1は凹穴です。

鉛筆の後ろ側を1に入れ回します。

こちらのペンシルホルダーを使って鉛筆を回します。
ホルダーに付いている赤い蓋を取り除き、そこへ鉛筆の先を差し込み回します。

この時、力を入れてグリグリと回すと削っている部分が折れてしまいますので
あまり力を入れすぎず回してください。

画像でわかりにくいですが、鉛筆が刺さっている本体に赤い線があります。

そこに鉛筆の削ってる先部分が到達するまで削り続けます。

赤い線をほんの少し超えるくらいが良いと思います。

本体から鉛筆を抜くと凹穴が出来上がっています。

穴の中に芯のカスが入っていますので、優しくティッシュなどにトントンと落としてください。

凸を作ろう!

次に、本体の蓋を回し、2に合わせます。
1番内側の穴に凸になる鉛筆の尖った方を入れて回します。

↓鉛筆で印をつけた部分まで削ります。

この時も力を入れ過ぎず回してください。

出来るだけ垂直に鉛筆削りをして折らないよう気をつけてください。

直角に削れていることがポイントです。

削った部分を綺麗にします。

蓋を回し、3に合わせます。

真ん中の小さな穴に凸を差し込みクルクル数回回します。

余分な木のカスが取れました。

合体させる!

凸側にボンドを塗り凹に差し込みます。

ゆっくり優しく、グリグリや、グネグネと鉛筆を曲げたりせず、真っ直ぐに差し込んでください。

余分なボンドを拭き取って乾燥させたら完成です。

完成!

完成しました!

作ってみて一度練習が必要だと感じました。

削る分、木の部分が細くなるので失敗すると折れてしまいます。

私は2本目でコツを掴み上手く作り上げることが出来ました。

通常使うには全く問題がありませんが、繋ぎ目に力を入れ過ぎると折れる可能性がありますので注意してくださいね。

いかがでしたでしょう。

今や、物が溢れていて、無くしたら買う、要らなくなったらすぐ捨てるの現代。

短い鉛筆を無理して使い、もったいないを大切にしていた時代があった事を思い出させてくれる

もったいないを形にした文房具。

私は楽天で送料込みで2000円前後で購入しました。

値段はお高く感じるかもしれません。

しかし、楽しみながら工作気分も味わえて物の大切さを学べる良い機会になると思います。

是非一度、商品を検索してみてくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

Instagramも是非ご覧ください❤️

  • 45167
  • 142
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

賃貸の一軒家に家族とワンコ達で住んでます。賃貸なのでなかなか思うようなDIYができないこともありますが、工夫をしながら賃貸でも楽しみながらDIYをして過ごしてま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード