新生活を始める方に贈る!1R・1K・1DK・1LDK別のオススメ家具とインテリアコーディネート

お部屋探しをする上で、間取りはとっても重要。物件情報には、「1R・1K・1DK・1LDK」といった表記をよく目にしますが、この違いをご存知ですか?
ここでは、1R・1K・1DK・1LDKそれぞれの違いについてと、オススメの家具をご紹介します。是非参考にしてください♪

  • 4370
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

間もなく新生活シーズン♪入学・入社をきっかけに、新しい場所で、新しい生活を迎える方も多いのでは。
お部屋探しをする上で、間取りはとっても重要。物件情報には、「1R・1K・1DK・1LDK」といった表記をよく目にしますが、この違いをご存知ですか?
当店では、お部屋のサイズと間取りの事例を元に、オススメの家具をご紹介します。

―1R・1K― 大学生・新社会人にオススメ

一人暮らし向け物件として代表的な1R・1Kは、コンパクトな広さの物件に多い間取りです。
部屋とキッチンの間に仕切りがないのが1R(ワンルーム)、部屋とキッチンの間にドアなどで仕切りがあるタイプが1K(ワンケー)と呼ばれています。
どちらのお部屋のタイプも、家賃を低く抑えたい学生さんや新社会人に人気ですが、料理の際の煙や匂いをお部屋の中に入れたくない、または、玄関から部屋が見えないほうがいい、という方には1Kタイプがオススメです。

シンプルなベッドを中心にしたインテリア

1R、1Kのお部屋は、クローゼットなど収納場所が少ない場合が多いので、引出し収納がついたベッドやソファを活用し、収納アイテムを削減。お部屋のスペースを確保でき、センターテーブルを配置する余裕が生まれますよ。

―1DK― 経済的にゆとりのある社会人・荷物が少ない新婚さんにオススメ

1DKは、ダイニングキッチン(DK)ともう1つの部屋で構成される間取りです。1Kとの違いは「キッチン部分の広さ」です。1DKの広さは4.5帖以上が目安と言われています。
1DKは寝る部屋と食事の部屋を分けられるので、プライベートな部分をお客さんに見られなくていい、というメリットがありますが、家賃や光熱費が高くなりがちというデメリットもあります。
1R・1Kに比べて、広さのある物件が多いので、家具の選択肢が広がり、インテリアを楽しめます。経済的にゆとりのある一人暮らしの方、生活リズムが同じカップル、荷物が少ない新婚さんにオススメの間取りです。

ソファを仕切りにするお部屋

キッチンが狭く、居室が広い間取りの場合、ベッドやソファなどをまとめて配置してみては。ソファを仕切りのように使うことで、ベッドは見えますが、双方の空間をはっきり分けることができます。
小さめのローテーブルを配置すれば、お部屋の空間を圧迫せず、食事と仕事をするスペースができて便利です。

―1LDK― 夫婦・小さいお子様のいるファミリーにオススメ

1LDKは、リビング・ダイニング・キッチン(LDK)ともう1つの部屋で構成される間取りです。DK部分にリビングのスペースが追加されるので、1DKよりも広い部屋になります。
1LDKになると、部屋が広くなるため、家賃設定があがってきます。また、部屋の間取りや配置によっては、エアコンや照明器具などが2台以上と必要になるなど、コスト面でも費用がかかってきますので、一人暮らしよりも、夫婦やカップルなどの二人暮らしにも向いた間取りです。

ダイニングテーブル・カウチソファのある間取り

こちらは10畳~15畳の広さのLDK。小さめのダイニングセットと、ソファ・テーブルを配置しています。
形を変えられるカウチソファなら、オットマンタイプやL字型など、好みやライフスタイルに合わせてレイアウトを変えられるので便利です。
伸張式のダイニングテーブルなら、来客時など必要に合わせて広げることができるので、スペースを有効活用できますよ。

さらに、北欧風や西海岸風など、お好みのコーディネートにこだわりたい方は、
インテリアコーディネーターのオススメプランもあります♪

当店で扱っている家具を元に、間取りの事例からご紹介していますので
是非参考にしてください!

こちらでご紹介した家具は、当店で絶賛販売中です!

新生活に向けて、ベッドや収納、ベッドカバーなどの寝具も新しくしてみませんか♪

  • 4370
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!インテリアオフィスワンと申します。ベッドやソファ、収納家具など大型家具から、ラグやカーテンなどのインテリアファブリックまで、取り扱い商品数なんと30…

おすすめのアイデア

話題のキーワード