【隠ぺい配線式スマホ充電スタンドをDIY】LABRICOナゲシレールブラケットで壁付け

LABRICOナゲシレールブラケットを使ったDIY。
今回はスマホ充電スタンドを作成してみました。

  • 21073
  • 248
  • 3
  • いいね
  • クリップ

完成は

このようになりました。

妙に長い形状なのは
①楽な姿勢でスマホの充電コネクタ抜き差しをしたい。
②コンセントの近くにテーブルを置きたくない。
③充電アダプタ、ケーブルやコンセントを隠したい。
といった理由からです。

壁からの出寸法は約50ミリ
充電ケーブルと飾り物を引っ掛ける溝を付けました
コンセントは薄型タップを付けて板の隙間から使えるようにしました

材料は

▪1×4材、長さ約1820ミリ1本
▪LABRICOナゲシレールブラケット1セット
▪皿ビス長さ35ミリ14本
▪100均フェイクグリーン
▪好みの塗料
▪サンドペーパー
▪ミシン糸
▪穴の空いた硬貨
▪マスキングテープ

作り方は

1×4材を下記の通りカットします。
(単位ミリ)
①長さ800×1個 正面用
②長さ600×幅30×2個 側面用
③長さ40×2個 ブラケット下地用

細長いカットは大変なのでホームセンターのカットサービスを利用すると良いでしょう

作成手順は

③を②で挟むようにして①のに配置します。

①と②の天端ズレがスマホを置く溝になります。
20ミリズラしました。

②の固定ビスは若干板にめり込ませてからササクレなど無いようにサンドペーパーを掛けます。

板側のブラケットを剥離紙を剥がさずに仮置きして、ブラケットビス位置を確認してから③を①にビス止め固定します。
ビス同士の干渉を避けるためです。

②の先端から③の先端までの距離は60ミリとしました。
②先端から③先端までの空間に配線やコネクタが収まりますので、配線をスマホスタンドから長く出しておきたい場合は、この空間を広くすると良いでしょう。

取り付け位置を決める

穴の空いた硬貨にミシン糸を縛って、コンセントの中心に下げます。

ブラケットの幅を避けてマスキングテープを縦に貼ります。スタンドの端に位置するところにもマスキングテープを貼ります。
ブラケットの位置、スタンドの高さ基準点を印します。
ブラケットを壁に付けます。
スタンドをブラケットに押し付けます。
スタンドを上にスライドさせて壁ブラケットから外します。
板に付いたブラケットを付属ビスで固定します。

コンセントに充電アダプターと薄型タップを差し込みます。

下写真のように配線をスタンドの隙間に掛けて引っ張りながらスタンドを壁ブラケットに戻します。

配線のスタンド上端からの出を下から引っ張って調整します。

グリーンなど添えて完成です。

少し落ち着きを持たせようかと思い、ホワイト塗装。

最後に

当DIYはLABRICOナゲシレールブラケットの本来の付け方と違います。
自己責任にて取扱い頂きますよう、お願い致します。

他にLABRICOナゲシレールブラケットを利用したDIYを紹介しておりますので、宜しければ下のリンクから御覧下さい。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

  • 21073
  • 248
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

主に戸建分譲ディベロッパーの仕事をしているサラリーマンです。色々な職種、職人さんとお付き合いしていくうちに自ら物造りに目覚めてしまいました。宜しくお願いします。

おすすめ

話題のキーワード