春のファッション小物3選!センス抜群の伝統工芸品で和の装いを楽しみましょう

江戸から現代まで受け継がれた伝統工芸の技術を伝えるために、匠の作品を国内外に発信するプロジェクト《東京手仕事》。東京を中心に活躍する職人の作品を身につけて春のファッションを楽しみましょう! 今回は、日常使いできるバッグやアクセサリーをご紹介します。手仕事から生まれる類のない魅力にぜひ触れてみてください。

  • 3592
  • 23
  • 0
  • いいね
  • クリップ

おでかけが楽しくなる! 近藤染工《イロかご》

《イロかご》希望小売価格80,000円 サイズW225×H180×D95mm

分厚いコートを脱いだら、やってくるのは暖かな春。どこか遠くに行きたくなるこの季節、相棒のバッグも春っぽく変えてみましょう。軽やかに色をまとった《イロかご》は春ファッションにぴったり。赤、青、緑の鮮やかな色が施されたこの竹のかご、70年以上続く〔東京無地染工房〕の試行錯誤の賜物なんです。

素材の長さや染色工程など職人の近藤良治氏が工夫を凝らして染め上げた竹は、竹細工の本場・別府の竹細工職人によって編まれています。幅広の竹を大胆に使った持ち手は袖が通しやすく、和装に限らず洋装にもマッチ! 中の荷物が網目から透ける様子を楽しむのも良し、収納袋としても使える中袋をセットしても良し。毎日気軽に使える逸品です。

首元を彩る夢工房のネックレス《Karen》

〔夢工房〕のネックレス《Karen》は、美しく染め上げられた絹布をピンセットを使って一枚ずつつまんでできたアクセサリー。60年以上も江戸つまみ簪(かんざし)の職人として技を磨いている穂積実氏の花びらは、端がふっくらとした仕上がりで《福つまみ》と名付けられています。カラーバリエーションは、ワインとブルーグリーンの2色。

左・《ラリエットチョーカー(ワイン)》希望小売価格6,800円 W1000×D10×H20mm
右・《ラリエットロング(ブルーグリーン)》希望小売価格6,800円 W1500×D15×H15mm

洋装に合わせやすく、普段づかいできるデザインなので、シンプルな春ニットやシャツのアクセントとして大活躍してくれそうですね。胸元が空いたシンプルな服に合わせれば、互いをぐっと引き立て合ってくれそう。短めのワインと長さのあるブルーグリーンを重ねづけするのもおすすめ。

春先に活躍! 畠山七宝製作所のリング《エターナル》

《エターナル》細(サイズW4mm/11号、13号、15号)希望小売価格18,000円
《エターナル》中(サイズW8mm/11号、13号、15号)希望小売価格24,000円
《エターナル》太(サイズW12mm/11号、13号、15号)希望小売価格28,000円
※グレー、ブルー、マルチカラー、イエローの4色展開
※9、10、12、14、16、20号のサイズオーダーも可能

春といってもまだ上着が手放せない日もありますよね。そんな日は指先で春のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょう。

《エターナル》と名付けられたリングは、〔東京七宝〕により美しいグラデーションが12面に施されたアイテム。回しながら見ていると、永遠のループに引き込まれてしまいそう。繊細なグラデーションを実現するために、職人の畠山弘氏が釉薬(ゆうやく)の盛り込み、焼成を数回繰り返し行って、一色ごと研磨。こうすることで濃淡色が華やかに彩る唯一無二のリングが完成しました。

リング幅は3タイプあるので、ペアリングにもおすすめ。華奢な細いリングは重ねづけして、豊かな配色を楽しむのも◎。

伝統工芸を纏うファッションをお楽しみください♪

伝統工芸というと少し敷居が高い印象を受けますが、日常使いできるアイテムもたくさん。一つひとつ丹精込めて作られたアイテムは存在感抜群です。自分のスタイルや好みに合うものを選んで、春のコーディネートに取り入れてくださいね。

  • 3592
  • 23
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

東京の「伝統工芸品」は、進取の精神に富む江戸職人の匠の技と心意気によって、磨かれ、洗練され、そして庶民に愛されて連綿と受け継がれてきました。「東京手仕事」は、そ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード