簡単汚し技で!サインボード作り☆

余っている端材を使ってサインボードを作りました。
材料は家にあった残り物ですが、ペイントにこだわって作ってみました(^o^)

  • 2496
  • 18
  • 2
  • いいね
  • クリップ

下地作り

経年劣化したように見せる汚したペイントをするとき、
下地を塗らずにベースの色を塗って後から色を重ねる方法と、
下地となる色を先に塗ってからベースの色を重ね、後からヤスリで削って下地の色を出す方法がありますが、
今回は後者の方法をとりました。

まずは黒ペンキを水で薄めたものを全体的にぬります。

乾いたらバターミルクペイントのOhioCupboardReddishBrown(赤みがかった茶色)をまだらに塗り、更にグレーを塗ります。
これで下地ができました。

ここに白のペンキを重ねて塗ると下の写真のようになります。

重ねた色が白なので、下地に塗った色が所々見えている状態になります。

白ペンキが乾いたらオリジナルステンシルプレートを使ってステンシルしていきます。
筆にペンキをつけて、叩くようにすると文字がかすれたようになります。

ヤスリを使って角の辺りや文字の部分をけずって下地の色を出しました。

仕上げにエイジングリキッドを使って汚していきます。
ウエスに塗料を含ませて、こすったり叩くようにして色を重ねたら完成です。

ドリルビットを使って穴をあけ、ワイヤーを通して壁に飾りました。

ベニヤ板だって塗装に手をかければ立派な雑貨に大変身!
特別な塗料がなくても色の組み合わせや汚し技でお好みのテイストにできちゃいます(^^)

  • 2496
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード