IR-House

木造と鉄筋コンクリート造の混構造住宅。高台の急傾斜地での設計。

  • 907
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

道路面からは平屋の木造だが、敷地高低差は5m程度ある。擁壁を一切使わず、地下躯体のみで土留めを形成している。
耐圧版と滑動防止の基礎で岩盤地盤に強固に食いついている。
自然由来の防水材とセンサー付きの床下換気扇、そして躯体から跳ねだすドライエリアにより湿気、漏水などを防ぐ。
ドライエリア躯体は滑動防止にも寄与している。

玄関
廊下・階段
スキップした室空間を最小限のスペースで繋いでいる。
ダイニング
スキップした空間
  • 907
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

何年住んでも飽きない、愛着の増す建物づくりをめざしています。人生で一番高い買い物であり、誰もがオーダーメイドの出来る唯一無二のものなので、お施主様の過ごしやすい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード