西横手町の家

『田舎のおばあちゃん家のような安心感のある家に住みたい』という要望を元に、LDを中心とし切妻屋根がおおらかに家族の空間を包み込み、土間、寝室、水廻り、和室、を一体的に繋ぐ平屋の家を提案した。各々の部屋から扉1つで行き来でき、大きな屋根が複数の部屋を1つに繋げ、各部屋の天井が繋がり視線が通ることで個室でありながら広がりのある空間を演出している。土間は玄関であり且つリビングダイニングの延長として使用することができ、土間と庭は建具を開くことで一体的につながり、外部と内部の中間領域として様々な使い方を許容する。建具で仕切ることで多様な日常生活の変化に対応する空間として活用でき、子供が自転車でリビングに乗りつけるそんな楽しい空間ができた。

  • 71
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 71
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

田中伸明(主宰)1972年群馬県中之条町生まれ。1995年東洋大学工学部建築学科卒業。1998年ATELIER N設立。「’00 TOTOリモデルコンテスト」全…

おすすめのアイデア

話題のキーワード