子どもが壁紙に落書き!消す方法や、落書き対策について

子育て中の方は、子どもが起こす予想外の行動に驚くことも多いのではないでしょうか。特に困る問題の一つに、部屋の壁紙への落書きがあります。そこで今回は、落書きの消し方や落書き対策について考えてみましょう。

  • 5935
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

落書きの消し方について

どのような筆記具で落書きをしたかによって消し方も変わってきます。

クレヨンで書いた落書きを消すには?

クレヨンは素材がとても柔らかいので、消す時もあまり手間をかけずに消すことができます。
使い古しの歯ブラシに歯磨き粉をつけ、クレヨンがついた部分を磨いてみてください。このとき、力を入れ過ぎると壁紙が破れてしまうので注意しましょう。
また、消しゴムを使ってもきれいに落とすことができます。

壁紙のすき間に入り込んで取れなくなったクレヨンは、メラミンスポンジに水をつけて軽くこするときれいになります。最後に固く絞った雑巾で拭いて仕上げます。

鉛筆で書いた落書きを消すには?

鉛筆で書かれている落書きは、紙に書いたものを消すのと同様に、消しゴムで消すことができます。消しゴムで軽くこすって、乾いた雑巾で空拭きしてみてください。
ぬり絵などで使うクーピーペンシルも、消しゴムで消すことができます。

色鉛筆で書いた落書きを消すには?

鉛筆と違い、色鉛筆は消しゴムでは消えにくいので、クレンジングオイル(化粧品用)を使います。
雑巾に、クレンジングオイルを少し含ませてこすってください。最後に固く絞った雑巾で拭き仕上げをします。

マジックやボールペンで書いた落書きを消すには?

マジック・ボールペンのインクの素材によって、適した消し方が変わります。

水性の場合は、雑巾にガラスクリーナーを少し含ませて拭きましょう。水で濡らしただけの雑巾ではインクがにじんでしまうため、避けるようにしてください。

フリクションボールペンは熱でインクが無色になるので、ドライヤーの熱風をあてるだけで綺麗に消せます。

油性の場合は、エタノール・除光液・塩素系漂白剤などを綿棒やコットンに吸わせて、インクがついた箇所を軽くたたいて消していきます。油性インクは、時間が経つと消えにくくなるので、見つけたらすぐに落とすことが大切です。

対策として落書きのできる環境を

親が注意していても、子どもが壁に落書きしてしまっていたというケースはとても多いので、まずはのびのびと落書きができる環境をつくってあげることも大切です。

・壁の一部を黒板塗料で塗り、落書き専用の場所を設ける。
・万が一落書きしても、消しやすい素材の筆記用具(水で落とせるクレヨンなど)だけを渡しておく。
・子供の欲求を満たすために、お絵描きの方法を変えてみる。(段ボール・発泡スチロール・紙皿・新聞紙などの上に書く、大きな紙を用意するなど)

子供の落書きには気持ちを落ち着かせたり、好奇心を満たしたりと、さまざまな効果があると言われています。

落書きができる場所とできない場所をきちんと子供に伝えつつ、子供の個性や可能性を伸ばしてあげてはいかがでしょうか。

  • 5935
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ13万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード