和紙で癒しの光輝く手作りランプ★

寝る前の癒しの光。蛍光灯の光では明るすぎるし、部屋の電気のスイッチを消してからほんのり明るく、薄暗い中で本を読んでから眠りたい。そんな本を読むのが生きがいの私にとって、一日の最後を締めくくる贅沢な時間を叶えるために作った和紙のランプ。二重にした和紙の中に色のついた和紙を入れ込み、癒しの光を演出します。中には市販の電球を入れてますが、これはあえて蛍光灯色ではなく、温か味のあるオレンジ色で。より一層眠気を誘います。中の色のついた和紙は色とりどりの和紙を小さくちぎり、月から光が流れ落ちる。そんなイメージで作成しました。月明かりの下でも本を読みたい。そんな思いが込められています。
市販の照明も勿論スタイリッシュでかっこいいですが、自作の照明も個性が光ってなかなか楽しくお薦めです。

  • 513
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 513
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード