【DIYレシピ】キャンプやピクニックに大活躍!組み立て式で持ち運びができるパネルテーブルを作ってみませんか?

長い冬が終わりに近づき暖かくなってくると、キャンプやピクニックなどアウトドアを楽しみたくなりませんか? そんな時にあると便利なのが、組み立て式のパネルテーブル! 今回は〔DIY女子倶楽部〕から、持ち運びが簡単な組み立て式のパネルテーブルの作り方をご紹介します。

  • 12753
  • 137
  • 0
  • いいね
  • クリップ

組み立て式で持ち運びラクラク!パネルテーブルをDIYしてみよう!

組み立て式のパネルテーブルは持ち運びが簡単で、使用時の設置もラクラク。さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれること間違いありません。構造もシンプルなので、思った以上に簡単にDIYができるんですよ。

材料は以下のようになっています。

・針葉樹合板(1820 × 910 × 12mm)・・・1枚
・ポリプロピレン(PP)締め付けベルト(1500 × 25mm)・・・1本
・ジグソー
・ノミ(先端の幅9mm)
・ドリル (刃15mm)
・金づち
・ドライバードリル
・電動サンダー

それでは早速作ってみましょう!

STEP①:合板に型をとろう!

まずは木材をカットするための型を取りましょう。必要な型のサイズはこのようになっています。

針葉樹合板に型紙を使い、鉛筆で印をつけていきます。このとき、安定した型取りのために厚紙などで型を作るのがおすすめです。

また、針葉樹合板のオモテだけでなく、ウラにも印をつけることで木材のカットがよりラクになります! オモテとウラでズレがないよう気をつけましょう。

STEP②:合板をカットしよう!

続いて、印をつけた針葉樹合板をジグソーでカットします。

ジグソーは、合板に刃をつけた状態で切り始めるのではなく、少し離したところでスイッチをオンにし刃にに勢いがついてから切り始めましょう。切断中はジグソーを上から板に押し付け、合板とジグソーの間に隙間ができないように注意してください。ジグソーで直線をカットするときは、定規(ガイド)を使うとまっすぐカットできます!

また、切断中は「速く切ろう」と気持ちが前のめりになってしまうかも知れませんが、無理に押すと合板が上下に動いてしまい、切り口が荒れてしまいます。ゆっくり焦らず、滑らせるように落ち着いてジグソーを進めましょう。

脚の部品に作る溝は、写真のようにドリルで穴を開けておきましょう。穴を開けておくことで、ジグソーの刃を差し込むスペースができ、よりカットしやすくなります。

STEP③:相欠き継ぎ加工をしよう!

相欠き継ぎとは、釘やビズを使わず木材同士を組み合わせる方法です。繋ぎ合わせる木材の一部を欠き取り、十字に組み合わせます。

相欠き接ぎに必要な溝を作る時は、写真のようにジグソーで切れ込みをいれ、最後はノミを使って欠き取りましょう。

STEP④:研磨し、組み立てて完成!

合板をカットできたら表面を、電動サンダーなどを使い研磨します。針葉樹合板の表面はデコボコしているので、表面をなめらかにしましょう。

研磨する材料が大きい場合は、両手を使いながら表面を均等に磨きましょう。 また、作業しているうちに研磨剤のついたペーパーが消耗してきて破れてしまうときれいに研磨できないので注意しましょう。

最後は材料を組み立て、PP締め付けベルトで固定したら完成です! お好みステンシルなどで装飾するとオシャレ感がアップしますね♪
キャンプやピクニックに持っていけば大活躍すること間違いなしです!

〔エンチョー〕の〔DIY女子倶楽部〕で、ワイワイ集まってDIYに挑戦してみましょう!

DIYは自分で作ることに楽しみがありますが、「難しくて自分にはできない」「作り方がわからない」といった壁にぶつかってしまうと、なかなか続かないですよね。

〔DIY女子倶楽部〕では、「小物を作りたいけど材料はどれが良いの?」「道具はどうやって使うの?」といったDIYに関する素朴な疑問にお答えします。また、会員限定のワークショップなども開催しており、DIY好きな人との交流もできるのです!

〔エンチョー〕の〔DIY女子倶楽部〕でものづくりの楽しみを味わいましょう!

  • 12753
  • 137
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

静岡県・愛知県に26店舗展開しているホームセンター!エンチョーの公式アカウントです。DIY情報やイベント情報など楽しい情報をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード