大自然を満喫!北海道の海の玄関口、苫小牧のオススメ観光スポットをご紹介

今回ご紹介するのは北海道苫小牧市。湖、山、海に囲まれているので、ゆっくりと自然を楽しみたい方には特にオススメの場所です。北海道ならではの美味しい魚介も堪能できますよ♪

  • 176
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

北海道の南西部、札幌市南へ約60kmに位置する苫小牧市。太平洋に面した苫小牧港は、北海道と本州を結ぶフェリーが多く運行していることから、北海道の海の玄関口として知られています。市内には国立公園や自然環境保全地区があり、手つかずの自然が残っていることでも有名。たくさんの美しい景勝地があり、絶景好きの方にはぜひ訪れていただきたい場所です。特産のホッキ貝をはじめとした魚介や、ご当地ラーメンなどのグルメも充実。心もおなかも大満足の旅に出かけましょう!

たくさんの野鳥が観察できる「ウトナイ湖」

ウトナイ湖

最初にご紹介するのは「ウトナイ湖」です。市街から車で25分のところにある周囲約9km、水深約0.6mの淡水湖で、四季を通じてバードウォッチングを楽しむことができます。これまでに約270種類の野鳥が確認されていて、ガンや白鳥などの渡り鳥の飛来地として有名。国の鳥獣保護区に指定されていたり、周辺の湿地帯やそこに生きる動植物の保全を目的にしたラムサール条約に登録されていたりと、国際的に重要な位置付けがされています。湖のほとんどが凍結する厳冬期には、翼を広げると2m以上にもなるオオハクチョウが見られたり、周辺の森ではエゾリスやキタキツネが現れることも。春は生まれたばかりの野鳥のヒナも見ることができ、愛らしい姿に癒されますよ。
訪れる際は、野鳥の観察がしやすいように双眼鏡を持って行くことをオススメします。近くには、現在見られる野鳥の情報や展望室のあるネイチャーセンターがあるので、興味のある方は立ち寄ってみましょう。

ウトナイ湖(ネイチャーセンター)

<住所>
北海道苫小牧市植苗150-3
<電話番号>
0144-58-2505

可愛い馬たちとふれあえる「ノーザンホースパーク」

ノーザンホースパーク

ウトナイ湖と併せて動物好きの方にぜひ訪れていただきたいのが「ノーザンホースパーク」です。こちらは乗馬体験やエサやりなど馬とふれあえる施設。12種類、80頭の馬が飼育されていて、身体の大きさや個性の異なる様々な馬を見ることができますよ。園内では、初心者から経験者までが楽しめる本格的な乗馬や、馬に乗って森の中を散策するホーストレッキングなどの体験型アクティビティの他、可愛いポニーが出演するハッピーポニーショーが人気。1日に2~3回開催され、ジャンプしたり立ち上がったりと、一生懸命がんばるポニーの姿を見ることができます。ほっぺにキスができるポニーやダンスが得意なポニーなど、毎回違うポニーが出演するので当日を楽しみにしてくださいね♪この他にも、夏季はアーチェリーやパークゴルフ、冬季はクロスカントリーやミニスノーモービルなどのアクティビティに参加できるので、自然のなかでおもいっきり遊びましょう!遊び疲れたら園内にあるカフェやレストランに立ち寄ってみて。広いガーデンを見ながら北海道産の食材を使ったメニューや、自家製ケーキやパンなどをいただくことができます。

ノーザンホースパーク

<住所>
北海道苫小牧市美沢114-7
<電話番号>
0144-58-2116
<営業時間>
4月15日~6月30日・9月1日~11月5日/9:00~17:00、 7月1日~8月31日/9:00~18:00、11月6日~4月9日/10:00~16:00
<休園日>
4月10日~4月14日
<入園料>
<4月15日~11月5日>大人(中学生以上)/800円、子ども(小学生)/400円、小学生未満/無料 ※16:00以降は入園無料
<11月6日~4月9日>無料

苫小牧の絶景スポット「樽前山(たるまえさん)」

紋別岳から見た支笏湖と樽前山

苫小牧周辺を一望できる絶景スポットが「樽前山」です。市街の北西部に位置する標高1,000mを超える、支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)に属する山。噴火と陥没を繰り返してできたカルデラがあり、世界的にも珍しい三十式活火山として知られています。7合目までは車で行くことができ、市街から車で約1時間、7合目から頂上までは歩いて約50分で行くことができるので、気軽に登山を楽しめる場所として人気です。山頂には明治時代の噴火時にできた溶岩ドームがあり見どころの一つ。こちらは一般登山者は立ち入り禁止となっているので、離れたところから景色を楽しみましょう。また、山頂からは蝦夷富士とも言われる羊蹄山や苫小牧市内を一望でき、絶景を楽しむことができます。春から夏にかけては、イワギキョウやタルマイソウなどの貴重な高山植物も見ることができるので、散策しながら探してみてくださいね。

苫小牧の海鮮グルメを味わうなら「海の駅ぷらっとみなと市場」

漁港食堂の海鮮丼

苫小牧グルメを味わうのなら「海の駅ぷらっとみなと市場」に行ってみましょう。新鮮な野菜や果物、鮮魚を扱う店や、土産物店や食事処が入っている施設で、苫小牧名物はもちろん北海道の美味しいものを堪能することができますよ。苫小牧はホッキ貝の水揚げ量日本一を誇り、食事処では新鮮なホッキ貝をふんだんにのせた丼ぶりや浜焼きが人気。サーモンやまぐろ、ほたてやいくらなどの海鮮を使った美味しい料理をリーズナブルな値段でいただくことができます。寒い日には、北海道ラーメンやホッキ貝ラーメンで温まるのもいいですよね。お土産には、毛ガニやホッケの一夜干しはいかが。航空便での発送もしてくれるので、北海道産の海鮮を自宅で味わうことができますよ。他にも自家製ケーキが食べられる喫茶店や、ホッキ貝の串カツやコロッケなどの軽食のお店もあるので、お腹が空いた時にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

海の駅ぷらっとみなと市場

<住所>
北海道小牧市港町2-2-5
<電話番号>
0144-33-3462
<営業時間>
<物販店>7:00~16:00
<食事処>4~12月/7:00~16:00、1~3月/9:00~16:00
<休業日>
水曜(一部営業)

屋内型庭園や美術博物館がある「出光カルチャーパーク」

公園でリラックスする女性・イメージ

晴れて気持ちの良い日には、市街中心地にある「出光カルチャーパーク」でのんびり過ごしてみては。水と緑と太陽をテーマにした公園で、昭和48年に市の開基100年を記念して造られました。園内には美術博物館や屋内型庭園のサンガーデンがあり、市民の憩いの場となっています。噴水や人工の滝が設けられた園内は散策にピッタリ。園内にはオブジェが点在していて、アート好きの方にもオススメです。美術博物館では、苫小牧周辺の自然や文化を紹介する展示室や遺跡調査によって発見された貴重な品を展示。北海道の知られざる歴史を学ぶことができるかもしれませんよ。ガラス張りの外観が目を引くサンガーデンは、一年を通じて様々な植物を見られるのが魅力。北海道ではあまり見ることのできない、ツバキやミカンなどが植えられています。内部は暖かいので、冬でもゆっくり植物を観察できますよ。

出光カルチャーパーク

<住所>
北海道苫小牧市末広町3
<電話番号>
0144-32-6500(公園整備係)

自然豊かなスポットがたくさんある苫小牧。馬とふれあったり、新鮮な魚介に舌鼓をうったりと、体いっぱいに自然を感じてくださいね。

  • 176
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード