体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」がららぽーと横浜に2019年3月19日(火)オープン!

株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役:後藤貴史)は、ららぽーと横浜2Fに常設パークとして体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット ららぽーと横浜」(略称:リトプラ)を2019年3月19日(火)にオープンすることをお知らせいたします。あわせてパークの概要と地元小学校と連動したキャンペーンを公開いたします。

  • 3293
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

※画像はイメージです。

神奈川初進出となる「リトルプラネット」には、各地で人気のアトラクションが勢ぞろい。デジタルボールプール「ZABOOM」はパークの半分を覆った過去最大級の大きさ、迫力満点のマト当てが楽しめます。また3方向を画面で囲まれたデジタルトランポリン「FLAPPY」は圧巻の浮遊感が体験できます。そのほか、今までよりも更に身体を使って夢中になれるアトラクションを多数用意しています。

※画像はイメージです。

■「テーマパークの魅力を広めよう」キャンペーンを実施

オープンに先立ち、パークの仮囲い壁に掲示するPRポスターを、地元小学校の児童が製作いたします。この試みは「遊びが学びに変わる」をテーマとするリトルプラネットと地元小学校が連携し、授業の一環として、集客に寄与する形のキャリア教育を実施し、伝える・生み出すことの大切さを知ることを目的としています。

※児童が作成したポスターはオープンまでの間ららぽーと横浜のリトルプラネット仮囲い壁に掲示されます。

■「リトルプラネット ららぽーと横浜」 施設概要
施設名称:リトルプラネット ららぽーと横浜
オープン:2019年3月19日(火)
営業時間:10:00~21:00 ※最終入場20:30
所在地 :神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1

※ご利用料金などの詳細はリトルプラネット公式HPをご参照ください。

【リトプラマガジン】
Little Planetの楽しみ方や周辺情報など、役立つ情報を不定期にて連載中!

【Little Planetについて】

スマホやゲームとも違う、未来に触れる感覚。
大自然との触れ合いとも違う、未知との出会い。
私たちはデジタル技術を駆使して、子どもたちの探究心や創造力を刺激する未知の体験を届けたい。
みんなが集まり、夢中になって一緒に遊ぶ。

その経験は、いつの間にか学びに変わっていくはずだから遊びが学びに変わる星 Little Planet

キッズデザイン賞を受賞したAR砂遊び「SAND PARTY! 」や、展開図に塗る配色で強さが変わるデジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」算数パズルアトラクション「NUMBER SPLASH」など、ファミリー向けのアトラクションが多数ある子どもの創造力を鍛える屋内型の体験型知育デジタルテーマパーク。

【会社概要】
会社名 :株式会社プレースホルダ
代表  :後藤 貴史
住所  :東京都品川区西五反田七丁目22番17号
資本金 :3億5,615万円
設立日 :2016年9月
事業内容:デジタルテーマパーク事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社プレースホルダ 広報担当:高橋
メール:info(at)placeholder.co.jp

※お手数おかけしますが(at)を@に置き換えてご連絡ください。
※画像はイメージです。
※記載されている社名、ロゴマーク、商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

●日経会社コード 41799

  • 3293
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード