電波時計は海外でも使えるの?対応機種や時刻の合わせ方を確認しよう

電波時計は、自動的に時間のズレを修正してくれる便利な時計です。海外対応のモデルを使えば、海外へ行くときの面倒な時差合わせから解放されるでしょう。最近はGPS衛星からの電波を受信する衛星電波時計も登場しています。

  • 53798
  • 21
  • 1
  • いいね
  • クリップ

電波時計とは

クオーツ時計や太陽電池時計、デジタル水晶時計など、時計にはさまざまな種類がありますが、電波時計という時計があるのを知っていますか? 一度使うと、便利で手放せなくなる電波時計の魅力について解説します♪

自動で標準時間を受信する便利な時計

電波時計は、内部にアンテナが内蔵されています。〔情報通信研究機構〕の電波局からは、日本の時刻情報が記された標準電波が送信されており、電波時計がそれをキャッチすると時刻やカレンダー機能が自動的に修正される仕組みです。

電波局は福島県と佐賀県の2カ所に設置され、受信範囲は半径1,000kmです。電波局からは24時間電波が送信されていますが、電波時計は一日中受信しているわけではありません。基本は1日約1回の自動受信を行っています。

クオーツ時計の時間の誤差は1カ月で15~30秒といわれており「毎日、電波で時間の調整を行う必要はない」と思う人もいますよね。

しかしスマホが登場してからは、正確な時刻にこだわる人が多く、時間は合っていて当たり前の時代になってきているのです。

海外でも電波時計は使用できる?

日本と海外には時差があります。海外旅行の際、時間調節が面倒だと感じたことはないですか? また、自分で時差調整したとき、微妙に時間がズレてしまうこともあるでしょう。海外に行く機会が多い人は、海外対応の電波時計を持っていると便利ですよ♪

世界4エリアの標準電波を受信可能

大手時計メーカーの〔シチズン〕は、1993年、海外の電波にも対応する多局受信型電波時計を開発しました。

現行の《パーフェックスマルチ3000》は、日本を含む世界4エリア(日本・中国・アメリカ・ヨーロッパ)の標準電波を高感度で受信するものです。電波受信の範囲は場所によって異なり、受信しやすいところとそうでないところがあります。

たとえばアメリカの場合は、電波局のあるコロラド州フォートコリンズから約3,000kmの範囲が対象で、アメリカほぼ全土とカナダおよび南米の一部もカバーしています。

中国は、河南省商丘市から約1,500kmの範囲が対象で、中国全土はカバーしきれませんが、北京・上海・香港・台湾などの主要都市では問題なく受信できるでしょう。

日本のみの対応機種もあるため注意が必要

〔シチズン〕だけでなく、〔セイコー〕や〔カシオ〕などの大手時計メーカーも性能のよい電波時計を多数取り扱っています。注意したいのが、同じメーカーの電波時計でも、日本のみの対応と、海外対応の2種類がある点です。

たとえば〔シチズン〕の電波時計には、世界多局受信対応モデルと日本国内の標準電波のみを受信するモデルがありますし、〔セイコー〕にもグローバル電波時計(日本・ドイツ・イギリス・アメリカ)と一般的な電波時計(日本のみ)の2種類が用意されています。

購入前は、電波の受信範囲を確認しましょう。

対応不可でもクオーツ式として使える!

日本国内対応の電波時計は、海外で使えないわけではありません。電波の受信はできませんが、普通のクオーツ時計としての十分な機能を備えています◎

日本国内対応の電波時計を海外で使用するときは、電波の自動受信をオフにし、自分で時刻を調節しましょう。

また電波の受信がうまくいかず、たびたび時間がくるってしまう場合も、電波の受信機能を切ってクオーツ時計として使うことができます。つまり電波時計は電波があってもなくても使える便利な時計なのです。

電波受信の切り替え方は機種ごとに異なるため、個別の取り扱い説明書を確認してくださいね♡

海外旅行先での電波時計の時刻の合わせ方

海外対応の電波時計は、いちいち時差を計算する必要がないのがメリットです。海外に出発する前に、電波時計の合わせ方を確認しておきましょう。メーカーやモデルによって方法が異なるので、説明書は要チェックです♪

都市の切り替えが必要

海外で使える電波時計は、日本から海外に移動する前に、都市の切り替えをする必要があります。

都市の切り替え方は時計によって異なりますが、たとえば〔シチズン〕の《クロスシー》は、リュウズを引いて秒針を都市名に合わせると、針がくるっとまわるようになっています。

〔セイコー〕の場合は、ワールドタイム機能でタイムゾーンを選択すると、その都市のカレンダーに切り替わる仕組みです。

調節時は腕時計をいったん手から外し、窓際などの受信しやすい場所に置くといいですね♪ あまり時計を動かさないほうがスムーズに受信できます。駅や空港などの人ごみの中や、窓ガラスに網が入った乗り物の中では、受信が妨害される恐れがあるので注意しましょう。

海外でも使える日本ブランドの電波時計3選

海外にも優秀な腕時計はたくさんありますが、日本と海外で使える電波時計なら、高感度の受信機能を搭載した日本ブランドが安心ですよ◎

〔セイコー〕の《ルキア》

〔セイコー〕の《ルキア》は、電池交換はもちろん、世界の時刻合わせが不要なソーラー電波を搭載しています。簡単な切り替え操作をするだけで、アンテナが日本、中国、アメリカ、ドイツの標準時刻を受信し正確な時刻やカレンダーを示してくれます。

パワーセーブや、過充電防止、針位置自動修正機能などの便利な機能も満載で、プライベートでも仕事でも大活躍してくれるでしょう♪

好感度の高いラウンドデザインは幅広い年齢層におすすめで、ダイヤ入りダイヤルやダイヤシールドのケースコーディングがさりげなく光を放つところが上品です。実用的なウオッチですが、手元を華やかにするアクセサリーがわりにもなりそうですね♡

〔シチズン〕の《クロスシー》

〔シチズン〕の《クロスシー》は、太陽や部屋の照明で充電できるエコ・ドライブと、世界の4エリアの電波を受信し、世界24都市の時刻を表示するハッピーフライトという機能を備えています。

本体にはステンレスよりも40%軽いチタニウムが使われ、表面はプラチナ配合の成分でコーティングされています。日常生活の防水性能も備えているので、水仕事や手洗いのときも外す必要はありません◎

限定コラボモデルや最新モデルも続々と登場するので目が離せませんね。

〔カシオ〕の《G-SHOCK》

日本のタフネスウオッチといえば、〔カシオ〕の《G-SHOCK》です。10〜20代の若者に人気が高く、1983年からのロングセラーアイテムとなっています。

カラーやデザインのバリエーションが豊富でつい何個も集めたくなってしまいますよね! 限定モデルや復刻モデルなども登場しています。

《G-SHOCK》も、日本・北米・ヨーロッパ・中国地域対応する電波時計で、蛍光灯の光で充電できるタフソーラーを備えています。20気圧防水仕様なので、時計をしたままでジェットスキーや水泳などができますよ。

ソーラーGPSウオッチもおすすめ

電波時計に並び注目されているのが、ソーラーGPSウオッチです。通常の電波時計よりも値段が1桁上がりますが、砂漠や海上など、世界中のどんなところでも使えるのが魅力です♡ いつか使ってみたい憧れのアイテムですね。

ソーラーGPSウオッチとは

ソーラーGPSウオッチは、GPS衛星からの電波を受信することで現在いるエリアを測定し、現地の時刻やカレンダーに時計を合わせる機能をもった時計です。

通常の電波ウオッチは、電波局の電波を受信できる範囲にいる必要があり、場所も限られています。しかしソーラーGPSウオッチは、地球上のほぼどんな場所にいても、正確な時間が刻めるのです。

現在、ソーラーGPSウオッチを取り扱っている日本のメーカーは、〔シチズン〕〔セイコー〕〔カシオ〕です。最新技術が搭載されているぶん、値段もグッと上がります。

光をあてることで充電可能

ソーラーとは、太陽電池のことで、太陽や蛍光灯の光にあてると充電が開始されます。たとえば〔セイコー〕のソーラーは、月に1回、5~6時間光にあてるだけでOKです。

しょっちゅう充電する必要はありませんが、服のポケットに入れっぱなしにしていると、突然電量不足になるので気をつけましょう。

海外に行くなら電波時計がおすすめ

電波時計のよさは、いつでも正確な時間がわかることです。クオーツ時計も、それほど時間のズレはなく、「電波時計は必要?」と思う人もいるかもしれません。しかし海外に行ったとき、時差を計算して時計を合わせなくてもいいのは非常に楽です。

近年は人工衛星を使った高機能なソーラーGPSウオッチも販売されています。10~20万円を超えるものが多く値は張りますが、アクティブに海外を飛び回る人にとっては最高の時計といえるでしょう♪

  • 53798
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード