スイスの観光地人気ナンバーワン!「マッターホルン」を見に行こう!

スイスの観光地人気ナンバーワンはもちろん秀峰マッターホルン。ヨーロッパを代表するマッターホルンが晴天にくっきりと映える様はまさに絶景。拠点となるツェルマットから、麓、展望台と移動するにつれて大きく近づくマッターホルンに感動です。今回はマッターホルンを見るのにおすすめのスポットをご紹介します。

  • 1597
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

四方を山に囲まれた国、スイス。マッターホルンはスイスとイタリアの国境であるアルプス山脈にある標高4478メートルの山です。マッターホルン周辺はロープウェイやゴンドラなどいくつもの輸送設備があるため標高の高い所まで楽にアクセスできますし、初心者でも気軽に楽しめるハイキングコースが豊富にあります。今回はマッターホルンの楽しみ方をご紹介します。

まずは麓の町、ツェルマットからマッターホルンを眺めよう

ツェルマットの村とマッターホルン

スイス側でマッターホルン観光の拠点となるのは標高1620メートルのツェルマット。実はこの町、ガソリンで動く乗り物の乗り入れが禁止されていて、町中で走る車といったら小ぶりの電気自動車。だから空気がとっても美味しい!町はホテルやスーパー、レストラン、ファストフード、お土産物屋さんや世界に名の知れたアウトドアブランドのショップが軒を連ね、一日中にぎやかです。メインの通りはチロル調の建物が多く、ベランダは花で彩られ、いかにもスイスらしい風景。散策するのが楽しいですよ。
ツェルマットのホテルの中にはマッターホルンビューの部屋のリクエストできるところがあるので、そういったチャンスがあればぜひ泊まってみてください。刻々と表情を変えていくマッターホルンをゆっくりと楽しむことができてオススメです。

展望台に上っていろんな角度からマッターホルンを見てみよう

ゴルナーグラード鉄道

登山鉄道やロープウェイ、ゴンドラを使って色々な展望台に行ってみましょう。様々なアングルでマッターホルンを楽しむことができますよ。乗り物を乗り継ぐと、なんと3,883メートルの地点まで行くことができます。ただ乗ってるだけで富士山よりも高い場所に行けてしまうんです!何度も乗るようならフリーパスを購入するのがオススメ。ただし、高山病にも注意してくださいね。気分が悪くなったら、早めに下へおりましょう。

スネガ展望台

スネガ展望台近辺の逆さマッターホルン

ツェルマットの村から地下ケーブルカーに乗って3分。簡単に行ける展望台なので、子供連れにもおすすめ。この展望台の一番のポイントは「逆さマッターホルン」が見られること。眼下に広がる湖にマッターホルンが映し出されます。条件が良ければ、どちらが本物か区別がつかないほどの完璧な鏡張りのマッターホルンが見られますよ。

ゴルナーグラート展望台

ゴルナーグラード展望台

マッターホルン観光では絶対に外せない展望台です。ツェルマットの村からゴルナーグラート鉄道に乗って約45分。標高1604メートルのツェルマット駅から標高3089メートルの終点ゴルナーグラート駅まで一気に上ります。電車から降りれば、4000メートル級の名峰と氷河がすぐ目の前。近くにはホテルやショッピングエリア、レストラン、カフェもあり、晴れた日の絶景を望みながらのランチや休憩は最高です!ゴルナーグラート駅の一つ手前、ローテンボーデン駅の近くにも湖があり、ここも逆さマッターホルンが見られることで人気の場所。多くの人が湖までのひと駅分を絶景を楽しみながら歩いています。

ロートホルン展望台

ロートホルン展望台から望むマッターホルン

スネガ展望台から、さらにゴンドラとロープウェイに乗って行きます。マッターホルンの魅力は鋭い頂上部分の美しさなのですが、ここからのマッターホルンが一番尖って見えると言われています。

展望台からの景色だけでなく、展望台へ向かう途中の景色もとってもきれいなので、見逃さないようにしてくださいね。紹介した展望台のほかにも展望台はありますので、色々と行ってみましょう。

いよいよマッターホルンにへ!

シュヴァルツゼー

マッターホルンの山自体は4つの面と4つの尾根から構成されていて、特に「北壁」とよばれる面は、ロッククライミングやアイスクライミングをする人でも登頂が難しいのだそう。ですが、ゴンドラリフトに乗れば大丈夫。標高2,583メートルのシュヴァルツゼー(黒い湖)駅」まで約10分。シュヴァルツゼーで湖を背にすれば、目の前に北壁がそそり立ち、迫力満点。自分の足で上ることができなくても、雰囲気は味わうことができますよ。

刻々と変わる山の表情から目が離せない!

マッターホルンの日の出

朝の山は朝日に照らされ、赤く染まります。やがて日が上りきると山全体が黄金色に輝き、神々しさに魅せられます。夜は空いっぱいに星が輝き、雪で白く光る山とまたたく星空のコラボレーションがまるで絵画のような美しさ。そんなマッターホルンですから一日中飽きずに眺めていられるのではないでしょうか?
刻々と変化して行くので、事前に日の出の時間と乗り物の時間をチェックしておきましょう。朝は冷え込むので、防寒対策は夏でもしっかりとすることをおすすめします。

思わず息をのんでしまうようなマッターホルンの絶景。どこから見てもかっこいいですよね。マッターホルンの魅力は写真では伝えきれません!一生に一度は実際に見に行きたいものですね。山の天気は崩れやすいので、絶好の天気でマッターホルンを見るためには長めの滞在がおすすめです。

写真確認済み。

  • 1597
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード