家族が使っても乱れない収納の仕組み

最近、Instagramでは『暮らしを整える』という言葉が流行っています。
私もお洒落なおうちに憧れて、ピシッと整った収納に挑戦していた時期がありました。
ですが、一人で暮らしているわけではないので、家族が使うたびにすぐに乱れていきます。
乱れたのをみて私自身もストレスがたまるし、乱れないように使うことを強要すると家族にストレスがたまります。
試行錯誤を繰り返して行きついたのは、誰が使っても乱れない収納の仕組みを整えることでした。

そこで、我が家で実践している『共有スペースの収納法』について紹介します。

  • 147125
  • 1590
  • 9
  • いいね
  • クリップ

みんなが使う場所はワンアクション収納で

自分だけが使う場所はキレイにピシッとなった収納が好きですが、家族みんなが使う場所はさっと出し入れできるワンアクション収納にしています。

例えば、薬箱などは家族も使うので、引き出しを開けたらワンアクションで取り出せるような収納にしています。

本当は同じシリーズの箱に詰め替えてラベリングなどして収納すると見た目はいいのかもしれませんが、
引き出しを開けてさらにケースの蓋を開けるのでは、家族が使っているうちに乱れていきます。
引き出しを開けるというワンアクションだけで目的のものが取り出せるようにする事で、誰がこのスペースを使っても元どおりの状態に戻せるようになりました。

ちなみにこちらの収納も、さっと中身が取り出せるようにチャックは閉めません。

ボックスを取り出して、さっと中身が取り出せるので、子供が出し入れしても乱れることがありません。

物の定位置がパッとみて分かるラベリング

上の段に並んでるboxは家族みんなが使うので、何が入っているかパッと見て分かるようにラベリングがしてあります。

ラベリングがしてあると、目的のものをあちこち探さなくていいのでぐちゃぐちゃにならないし、元どおりの場所に戻してくれるようになります。

☆最大のポイントは両側にラベリングをつけること

両側にラベリングしてあると、どちらの向きにboxを戻しても、元どおりの状態になります。
子供にとっては、ラベルの方向を考えて戻すのは難しいことです。
さらに、ラベルがない向きで戻していると、次に探す時に分からなくなってしまいます。
ラベリングを両方向にするようにしたら、何も考えなくても元どおりの状態が保てるようになりました。

誰が使ってもノンストレスな収納

キレイなおうちを保つために、自分一人だけが頑張っていたら疲れてしまいます。
だからと言って、家族にも同じレベルを保つことを強要すると、家族にとって居心地のよいおうちではなくなってしまいます。
みんながストレスフリーで暮らせるためにも、『何も考えなくても現状を保てる収納の仕組み作り』は大切ですね♪

家族みんなが居心地のよいおうち作り

我が家では、誰も頑張らなくてもスッキリ整ったおうちを保つ方法を追求してきました。
その結果、みんなが快適に暮らせるおうちに近づいてきた気がします。
そして、仕組みが整ってからは家事の負担がぐんっと減ったので、私自身の心と時間にもゆとりが生まれました。

今まで我が家が実践してきて効果があった方法は、こちらにまとめてあります。

  • 147125
  • 1590
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード