【工具不要】初心者でも簡単!シンデレラフィットの手作り棚の作り方

皆さんは、家の中に持て余している空間はありませんか?
せっかく空いている空間があるのに、それをうまく活用できていないともったいないですよね。
今回は、そんなスペースも最大限に活用できる、手作り棚の作り方について紹介します。
工具不要の簡単DIYなので、初心者の方でも簡単にできますよ♪

  • 32924
  • 236
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ぴったりサイズの収納が見つからない

この空間を活用したいけど、ここにぴったり当てはまる収納アイテムが見つからないといた経験はありませんか?
カラーボックスなどは便利ですが、規定の大きさで作られているので、ちょっとした隙間が余ってしまったり、逆に置きたい場所におさまらないなどといったことになりがちですよね。

シンデレラフィットする棚を作ろう

そんな時は、自分で細かくサイズをはかり、理想通りの収納棚を作ってしまうのが一番の理想です。
そうすれば、入れたいものが入れたい場所における、シンデレラフィットの収納棚が出来上がります。

準備物

《準備物》
木材・ペンキ・木工用ボンド・ハケ・レジャーシート・ビニール手袋

①木材をカットする

作りたい場所の大きさをミリ単位で測り、どの大きさの木材がいくつ必要か計算する。

ホームセンターで木材を買うと、ワンカット数十円で指定したサイズにカットしてもらえます。

かなり正確な大きさでキレイに切ってもらえるので、自分で切るよりも絶対におすすめです。

②ペイントする

カットしてもらった木材にペンキを塗ります。
私がいつも使っているのは、ミルクペイントというこちらのものです。

色合いもキレイなので、こちらを愛用しています。

ペイントする時は、左手にビニール手袋をはめ、下にレジャーシートを敷いて作業するのが一番おすすめです。

新聞紙だとくっついてしまいますが、レジャーシートなら直においてもくっついて取れなくなることがないので安心です。

③木工用ボンドで貼り合わせる

ペンキが乾いたら、木材を組み立てます。
と言ってもボンドで貼り合わせていくだけです。
ボンドのみで大丈夫なワケは、木材の組み合わせ方です。
普通の棚の場合は、側板が繋がっている状態ですが、これの場合は横板が端から端まで繋がっている状態です。
それぞれの段において、両脇の側板が支えとなっているイメージです。

支えとなる側板を立てて、その上に横板を置く、さらに支えとなる側板を立てて横板を置くの繰り返しです。

重たいものを乗せる場合は、釘で固定したり、背面版をつけたりすると強度が増します。

こんな感じで、理想通りのサイズの収納棚が完成です♪

こんな場所でも使ってます

食器棚にも手作り棚を使ってます♪
ここは直接食器が接するので、ペイントはしていません。

キッチンにも手作り棚があります♪

どれも、横板を一枚続きにするだけで、工具不要で簡単収納棚が完成します♪
ぜひ皆さんも一度やってみてください!

  • 32924
  • 236
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード