お鍋ひとつで混ぜるだけ!ココアのパンナコッタ

ココアのほろ苦さが美味しいパンナコッタのレシピです。

  • 4628
  • 108
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!料理研究家の藤井玲子です^ ^
今回はほろ苦さが美味しい、ココアのパンナコッタのレシピをご紹介します^ ^
ひっくり返すタイプのプリンカップで作っていますが、グラスなどに入れて作っていただいてもOKです!
おうちで気軽に作っていただいたいレシピです^ ^

材料(容量 75mlのプリンカップ4個分)

グラニュー糖 20g
ココア 10g
水 20g

牛乳 100g
生クリーム 100g

ゼラチン 4g
水 16g

下準備

・ゼラチンは冷水に振り入れてふやかしておく(5分〜)

作り方

1)小鍋にココアとグラニュー糖を加え、ホイッパーなどでかき混ぜておく。

2)水を加えたら弱火にかけながらペースト状にする。

3)牛乳を少しずつ加えて溶きのばしたら、生クリームも加える。弱火にかけて、人肌程度に温まったら、ふやかしておいたゼラチンを加え溶かす。

4)ゼラチンが溶けたら、漉しながら型(もしくはグラス等)に均等に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める(1時間〜)

5)型に入れている場合は、30℃程度のぬるま湯に数秒つけて、お皿に移す。(ぬるま湯につけて、表面を溶かさないと、型から外れません)

つるんとしていて、ほんのり甘いココアのパンナコッタの完成です!
どんどん混ぜるだけで、とっても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^ ^

ポイント

・ゼラチンをふやかす際は、必ず冷水を使用するようにしてください。ぬるま湯などになると、ゼラチンの臭みが出てきたりする場合があります。
・牛乳と生クリームの割合は、お好みで調整可能です。牛乳が多くなればあっさりと、生クリームが多くなればより濃厚な味わいになります。
・ココアのペーストを作る際は、必ず弱火で加熱し、焦げる事の無いよう気をつけてください。
・ゼラチンを溶かす際は、温度に気をつけてください。あまりに熱いところで溶かしてしまうと、ゼラチンの効果が損なわれる可能性があります。30-40℃程度の暖かさで溶けます。
・型から出す際は、お湯につけすぎると溶けてしまうため、少しつけてみて外れなければ、またお湯につけるという形で、少しずつ試すようにしてください。

  • 4628
  • 108
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

毎日のごはんからおやつまで、気軽に作れておいしいレシピを考案しています^ ^とにかく、おいしそう!食べてみたい!と思ったらなんでも作ってみるのがモットー♪感想や…

おすすめのアイデア

話題のキーワード