見せるところと隠すところを上手に分けたキッチン

リビングダイニングと一体になったキッチン。すっきりと片付けられないというのも日常使う場所だからこそ。見せるところと隠すところを上手に分けるとキッチンがすっきりします。

  • 6030
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンがダイニングやリビングと一体の空間にある家が増えているからこそ、キッチンをスッキリ見せたい人も増えていると思います。
キッチンでごちゃごちゃ見えてしまうのは、サイズがバラバラの家電や冷蔵庫。
特に冷蔵庫にはプリント類をマグネットで貼る人も多いですよね。

「岡山の家」のキッチンは広いリビングダイニングと面していますし、リビングダイニングの吹抜けを介して二階の部屋も連続した空間になります。
そんなキッチンなので、家電を背面収納やパントリーで隠せるようにしました。

特に冷蔵庫や電子レンジはコンロ奥のパントリーへ。パントリー内にはプリントを貼れる壁やちょっとしたカウンターもあり、買い物したものを一時置きするのも可能。リビングダイニングからは隠れる空間だけれどもキッチンと隣り合っているのがこのパントリーの最大の魅力です。

見せるところと隠すところを上手に分けることで、スッキリした暮らしになります!

  • 6030
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード