【徹底解説】畳からフローリングへリフォーム!気になる費用とは?

「畳からフローリングへにリフォームする際、いくら費用がかかるのだろう?」と悩んでいる方におすすめ。今回は張り替え工事にかかる値段やリフォームの事例など、役立つ情報をまとめてみました。リフォームを考えている方はぜひ参考にしてみてください!

  • 50187
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

6畳和室の、畳→フローリングのリフォーム相場は12万円~

畳からフローリングへのリフォームは、想像以上に大がかりな作業を伴います。カーペットや既存のフローリングからの張り替えと異なり、畳の厚みの分だけ床が低くなるのを防ぐため「根太」とよばれる木材で高さを合わせる必要があるためです。また、下地部分が水平でない場合は、根太の施工前にコンパネなどを張って下地を整える場合もあります。

これらの工事で畳からフローリングへ床をリフォームする費用は、一般的な6畳和室で材料代が6~8万円ほど、工事費が5万円前後、廃材処分料などの費用が1万円ほどという相場です。合計で、12~14万円ほどかかるという計算になります。「多めに見積もって、全部で15万円ぐらい」と考えておくとよいかもしれません。

ただし、先に述べたように下地処理に追加工事が発生した場合や、下地部材の劣化などで交換が必要になった場合などは、追加工事費が発生することがありますからご注意ください。

畳をフローリングにリフォームする際に費用を抑えるポイント

床は、住宅の中でも安全性にこだわってリフォームしたい箇所のひとつです。かかる費用を抑えたい場合でも、下地処理や床材を張る作業などを省略することはおすすめしません。そうなると、床材の価格を抑える方法で費用を下げることが望ましいでしょう。無垢材のフローリングを選べば価格は上がりますから、一般普及品の複合フローリングを選択すれば材料費を安く抑えることができます。価格は安くても、耐水性や耐傷性、防汚性を高めたものなど高機能な素材も多くありますから、ご自宅での用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

畳からフローリングへのリフォーム事例

それでは実際に、畳からフローリングへリフォームを行った事例を、費用を含めてご紹介します。

【事例1】フローリングに置き畳の和室にして、畳の空間を失わない快適空間に…35万円

和室ならではの雰囲気と畳のあるスペースは無くしたくなかったため、畳からフローリングへの張り替えと同時に、高さのある「置き畳」を一部に設置。置き畳の下部は全面引き出し収納になっているため、足りなかった収納スペースも増やせて一挙両得のリフォームが実現できました。

【事例2】畳をフローリングに変え、壁クロスを張り替えて和室を明るく!…25万円

和室らしい建具などの造作はそのままにして、床を畳からフローリングに替え、壁を砂壁からクロス張りに変えました。フローリングにしたことで重い物が置きやすく掃除も楽な床になり、部屋全体の雰囲気も明るくなりました。

【事例3】フローリングへの変更のみ。和室の雰囲気に合わせ落ち着いた床に…15万円

天井や壁、床は改修せず畳のみをフローリングへ張り替えました。襖などにもマッチする淡い色のノーワックスフローリングを選択し、違和感のない雰囲気にまとめています。また、畳の下の粗床に劣化や傷みがなく、きれいな状態でそのまま使うことができたため、費用も安く抑えることができました。

おわりに

いかがでしたか?畳をフローリングに張り替える際は、下地の調整作業が重要です。安く済ませるために下地処理をおろそかにすると、隣の部屋との段差が気になる、使用するうちに床の沈みや軋み音が出たりしてしまいがちです。信頼できる施工業者さんに、見積時の現場調査を確実に行ってもらい、追加費用の有無なども事前に確認しておきましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 50187
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード