今の季節に作りたい!100均アイテムで簡単♪ミモザリース

この時期にお花屋さんに出回る季節の花といえば、なんといってもミモザ!フワフワの黄色いお花で作ったリースは、ドライになってもしばらく飾っておけるのでとてもオススメです。そんな可愛いミモザのリースを手軽に手に入る材料で作る方法をご紹介します。

  • 50186
  • 754
  • 3
  • いいね
  • クリップ

用意する材料と土台作り

まず、準備したのはこちらの材料。

・ミモザ(4本)
・ユーカリ(2本)
・リース土台(100均などで買えます)
・細いワイヤー(なければ麻紐でもOK)

ミモザやユーカリの本数は、枝ぶりやリース土台のサイズに合わせてお好みで調節してください。

ちなみに今回作ったリースは直径25cmの土台を使っています。

まず始めにユーカリでリースのベースを作っていきます。

ユーカリを5〜6cmくらいの長さの小枝に切り分けていきます。

切り分けたら、土台に小枝をバランスを見ながら全て挿していきます。
このとき、枝を全て同じ方向(時計回りなど)に挿すのがポイントです!

全て挿し終わったらベース作りは完成です。

土台にミモザを飾り付け

続いて、ミモザも同じように5cmくらいの小枝に切り分けます。

根元はリース土台に挿すので、なるべくお花がついていないところで枝をカットするのがポイントです。

そして全体のボリュームのバランスを見ながら、ユーカリの隙間にミモザを挿していきます。

この時点で、すでにふわふわのミモザがとっても可愛いですね!

そして最後の仕上げに、挿した枝が落ちてこないようにワイヤーや麻紐で1周分ぐるぐると巻きつけます。

これであっという間に完成!所要時間は1時間もかかりませんでした。

完成したリースを早速ディスプレイ!

完成したリースをリビングのディスプレイコーナーに飾ってみると、こんな感じになりました!

一気にリビングが春らしくなって華やかになりました♪

以上、初心者でも簡単に作れるミモザリースの作り方のご紹介でした!

ミモザはこのまま飾るとドライになりますが、乾燥するとお花のフワフワ感はなくなってしまうので、少しボリューム多めに作るのがポイントですよ。

まだ少し先ですが、3月8日は「ミモザの日」でもあるそうなので、ぜひ素敵なミモザをお家に取り入れてみて下さいね!

  • 50186
  • 754
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIFE WITH主宰。2人の男児の育児・家事・仕事の両立に奮闘中の整理収納アドバイザー。「元・汚部屋ワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード