デザイン性と機能性を兼ね備えた水まわり特集!

今回は洗面を中心にご紹介!
住んでいる人にあわせてプランした水回りは使い勝手だけでなく、
デザインにもこだわっています。

  • 1144
  • 5
  • 0

タイルで作るノスタルジックな洗面台

リフォームの物件です。
清潔感のある水色のモザイクタイルに大きなナッツ型の洗面ボウルを合わせました。
タイルを使用することでシンプルになりがちの洗面室もやわらかい印象になっています。

こちらは50角タイル。
四角のシンクですっきりと。お掃除もしやすいです。

100角タイルの木まわし天板です。
ホテルでもよく使用されているKOHLER社の洗面ボウルと水栓金具をつかい、
キャビネットはキッチンの木製扉と同じ素材、デザインにて製作。
エレガントさを出すことができました。

壁掛け洗面ボウルですっきりと!

シンプルに見せたいときは壁掛けの洗面ボウルもおすすめです!
シンク上のみタイルを貼ることで水はねを気にせずに使えます。
配管を出しているので、今人気のインダストリアルスタイルにもぴったりですね。

メーカーの洗面台もおしゃれに使いたい!

メーカーの洗面台は機能も優れていて、使い勝手も抜群。
その良さもおさえつつ、オリジナルの洗面台にしたい!という方には
下台のみメーカー品がおすすめです。
照明器具と鏡を選ぶだけでぐっと印象がかわります。

D.KANZAKICarpentryでは鏡をぴったりサイズで製作もしています。
お好みの枠を使ってオーダーメイドで鏡を製作することができます。

棚付もデザインできます。
歯ブラシや洗面用具置きにとってもべんりです。
枠はモールディングを使用し、棚と同じ色の塗装で仕上げました。

あこがれのダブルシンク

ホテルのスイートルームにありそうなダブルシンク。
シンク横にMieleの洗濯機、乾燥機を並べて。
あこがれの空間です。

照明器具、左右対称に取り付けられたキャビネット。
木目が優しいナチュラルな洗面室になりました。

天板と洗面ボウルを人工大理石で製作した洗面台。
つなぎ目がないのですっきりとして見え、お掃除も簡単です。
サイド収納とバック収納の扉を合わせているのでぐっと落ち着いた空間に。
上部にガラスブロックを入れて外からの採光を取り入れ、『抜け』をつくっています。

  • 1144
  • 5
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー