大人のカフェを意識した三階建て南向きパッシブハウス

「母屋のとなり、同一敷地内に離れを建てたい」そんなお話からはじまったH様邸。南向きの立地条件を最大限に活かしたプランを目指しました。 敷地の南東に位置する、もともとガレージ・納屋のあった場所が、建築地となりました。

外観のデザインは、シンプルな形状ながら庇をしっかりと出し、吹き抜け側に大きな窓を配置したパッシブ設計。2台駐車可能なビルトインのガレージシャッターを「木調」アクセントとし、そこに旧家に使われている「漆喰壁をイメージした白」と「いぶし瓦をイメージした灰色」の3色使いとすることで、町・そして母屋の風景になじむようにデザインしました。「現代の蔵」とはこういったイメージなのかもしれませんね。 青空とのコントラストが美しいお家です。

お住まいになりながら、現在の母屋との断熱・気密性能の違いを感じていただけるお家になったのではないでしょうか?

  • 2233
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

全面道路から正面見上げる

大きく飛び出した外観の特徴にもなる約1mの大庇により、しっかりと夏の日射を遮り、冬の日射は取り入れる外観設計。また、自然のエネルギーを利用するパッシブの考え方を窓の配置計画にも採用し、上下の対流を意識した窓や、建物の隣を抜ける風を取り込むウィンドキャッチャー(縦すべり窓)など、見た目だけでなく、お住まいになられてから実感できる、「快適性」もしっかりと考え込んだお家です。

木目調のガレージシャッターで高級感をプラス

ガッシリとフレームで組み込まれたボックス型の形状に、アクセントの木調ガレージが映えます。ビルトインガレージもSE構法ならでは大空間。幅約5.9m×奥行き約6.4m。並列2台もラクラクOKな広々とした空間です。

広々としたLDK

2FのLDKは約4.5帖の吹き抜けもあり、抜群の解放感。東面の出窓も借景を切り取ります。大きな窓から降り注ぐ光は、落ち着いた雰囲気のインテリアとのコントラストを一層高めてくれるでしょう。

まるでバーのようなキッチン

キッチン周りもこだわりの造作収納でしっかりとコーディネイト。タイコーならではインテリア提案です。カウンターもフローリングを床と違うお色で塗装して造作。まるでバーに来たような落ち着いた雰囲気です。壁に取り付けた棚には大好きなお酒を置いて、さらに雰囲気をUP。

音楽の似合うモダンインテリア

高校生の頃からギター演奏を嗜んできたこともあり、音楽を聴くのにふさわしい、落ち着いたバーのような空間にしたいというお施主様。そのご要望に沿ってご提案させて頂いたインテリアと合わせて、吹き抜け空間がさらにお家の価値を高めてくれています。吹き抜けから光を取り込みつつ、プライバシーを守るという意味で、窓・ブラインドに気を使ったお家。しっかりとトータルで考えることで、狙い通りの通風・採光を取り入れることに成功しました。

造作のテレビボード

TVボードもしっかりとご要望をお聞きして造作でシンプルに仕上げています。右下にはルンバのお家も!

玄関ホール

玄関ホールからすでにインテリアを意識して全体の統一感をつくり出しています。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2233
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

タイコーは創業54年、3100棟の施工実績SE構法大阪施工実績NO.1 『強くて 暖かくて ちょっとかっこいい家』がテーマのタイコーの家づくり。そんな住まいを実…

おすすめのアイデア

話題のキーワード