エアコンが臭いのはなぜ?原因から簡単臭い取り方法、臭いを防ぐ対策まで

冷房や暖房をつけたときにエアコンから発せられる、不快な臭い。今回はエアコンの臭いについてわかりやすく解説。臭いの詳しい原因やすぐにできる臭いを取る方法、自分でできるエアコンのお掃除の仕方も紹介します。さらにおすすめのエアコンの臭い取りスプレーや臭いを事前に防ぐ対策も必見です。

  • 22979
  • 45
  • 0
  • いいね
  • クリップ

なぜ臭くなるの?エアコンの臭いの原因とは

エアコンを稼働させる時期によくある悩みが、“エアコンからの臭い”。一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

いったいどうしてエアコンから臭いが発生してしまうのか、まずはその原因から解説していきます。

電源スイッチを入れた直後の臭いは“溜まったホコリ”が原因

エアコンをつけた直後にイヤな臭いがする原因はエアコンに溜まったホコリやカビが原因です。エアコン内に溜まったホコリが、エアコンをつけた直後に吹き出し口から出てくることで臭いを感じます。

エアコンから吹き出した目には見えないホコリを吸い込んでしまうと、体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

冷房や除湿モードで気になる臭いは“湿気によるカビ”が原因

冷房や除湿を使う暑い時期にだけ臭いが気になる場合は、湿気によるカビの繁殖が原因となっていることがあります。

冷房や除湿運転時のエアコンは、機能上エアコン内部に結露が発生しやすくなります。結露による水滴が溜まっていくことで湿度が高くなり、ホコリなどの汚れや部屋の臭いが混ざったエアコン内部は、カビが繁殖するための最高の環境となってしまうのです。

また、湿気の多い梅雨の時期も、エアコン内部に溜まった湿気がカビの原因となりやすいです。

すっぱい臭いは“ペット”や”人間の汗”が原因

エアコンからすっぱい臭いがする原因は、日常生活で自然と発生する人間の汗やペットの臭いです。

普段の生活では気にならない臭いも、いろいろな臭いが混ざって凝縮されることで独特な臭いになってしまいます。エアコンは室内の空気を吸い込んで吐き出すという仕組みなので、生活臭が内部に溜まると、空気を吐き出すときにイヤな臭いとなって出てくるのです。

室外機の汚れとエアコンの臭いの関係

基本的に、室外機の汚れとエアコンの臭いに関係はありません。

室外機の働きは、空気を冷やしたり温めたりすること。エアコンの本体と繋がってはいますが、エアコンの役目は室内の空気を循環することなので、室外機の汚れとは無関係なのです。室内で臭いを感じた場合はまず室内に原因があるということを念頭に置いておきましょう。

ただし、一部のエアコンには室外機から空気を取り込める機能がついているものがあるので、心配な方は自宅のエアコンの説明書などを確認してみてください。

【お手軽編】エアコンの臭いを消す方法

臭いがひどくない場合、ちょっとしたことでエアコンの臭いが改善できることがあります。ここでは、簡単にできるエアコンの臭い取り方法を紹介していきます。

つけはじめは換気して空気を入れ替える

エアコンのつけはじめの臭いが気になるとき、即座にできる対処法は“換気”です。

臭いがお部屋にこもらないよう、10分間程度は窓を開けて換気を行い、吹き出し口から出てきたホコリやカビの胞子を外へ出してあげましょう。

冷房を16度に設定して1時間置く

SNSなどで話題になっているのが、冷房を16度など最低温度に設定し、窓を開けて換気しながら1時間置くという方法。

低めの温度で冷房運転を行うと、エアコン内部に結露(水)が発生。そこへ熱交換器などに付着していた臭いの成分が溶け込んで、ドレンホース(排水管)から屋外へ洗い流されるのです。これによって、エアコンのイヤな臭いが軽減されるという仕組みです。

暖房を30度に設定して1時間置く

カビは乾燥に弱いため、暖房を使ってエアコン内部を乾かすことでも対策が可能です。

30度という高めの温度設定にし、1時間ほど暖房運転を行うことでカビの発生を防ぎ、臭いを軽減してくれます。ちなみに送風運転にも内部を乾かす効果があるのでおすすめです。

におい除去ボタンがあるエアコンも

最近のエアコンには“におい除去”という機能が搭載されているものもあります。エアコン内部の臭いの原因を自動で軽減してくれるので、シーズン前やシーズン後に使用するのがおすすめです。

また、“内部クリーン”という機能が搭載されたエアコンも最近では増えています。エアコンを使用したあとにこの内部クリーン機能を使用することで、エアコンの内部を乾燥させカビが繁殖しないように防いでくれます。

生活臭への対策をする

臭いの原因がペットの臭いや生活臭である場合は、そちらへの対策が必要。

布製のものは消臭スプレーを使う、こまめに換気をする、消臭剤を置くなどして、臭いの根本からなくしていきましょう。

【本格編】エアコンの臭いを消す方法

ここまでは手軽にできる対処法を紹介してきましたが、臭いの原因を元から解消するには、やはりエアコン本体の内部やフィルターを掃除して、ホコリやカビをしっかり落とすことが重要です。

エアコンは自分でも掃除することが可能。フィルター・フィン・ファンといった3つのパーツごとに、クリーニング用のスプレーや掃除機を使いながらホコリやカビなどの汚れを落としていきます。

少し手間はかかりますが、意外と簡単にできる作業ばかり。さらに業者に依頼するよりもコストを抑えられます。

作業するときには「あらかじめ電源プラグを抜く」「内部に水分を残さないようにする」など、注意事項を十分に確認してから取りかかりましょう。

エアコンクリーニングの方法を詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

エアコンの臭いを取るために!おすすめ除菌・洗浄アイテム

ここからは、エアコンの臭い対策に便利なアイテムを紹介します。貼るだけで臭い対策をしてくれるものや、お掃除するときやお掃除の後に使えるスプレーなどをピックアップしました。

コジット
パワーバイオ エアコンのカビきれい
833円(税込)
3.2
3.2 Stars
42件)
楽天市場で詳細を見る¥794(税込) Amazonで詳細を見る¥909(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥799(税込)
バイオの力ですっきり消臭
バイオの力で、カビの抑制効果が期待できるアイテム。エアコンの吸気口にペタッと貼るだけでカンタンに設置完了です。お掃除やクリーニングの後に設置し、カビの発生を抑えることで、エアコンを清潔な状態で保てます。効果が約3か月持続するところも◎。

▽『パワーバイオ エアコンのカビきれい』について詳しくはこちら

ケミコート
エアコン内部クリーナーシュ!シュ!
1,320円(税込)
3.9
3.9 Stars
16件)
楽天市場で詳細を見る¥900(税込) Amazonで詳細を見る¥1,320(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,300(税込)
電解アルカリ水100%で強力洗浄
超電水から生まれたアルミフィン専用の洗浄スプレー。水由来の洗浄成分でエアコンの金属部分にダメージを与えにくくなっています。

フィンの網目に沿ってスプレーした洗浄液はドレーンホースから排出されるため、部屋を汚さずに掃除できますよ。
アース製薬
らくハピ エアコンの防カビスキマワイパーセット(防カビシート 4枚 + 専用ワイパー) アース製薬
598円(税込)
5
5 Stars
2件)
楽天市場で詳細を見る¥407(税込) Amazonで詳細を見る¥445(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥455(税込)
エアコン掃除しながらカビも防ぐ!
スリムでしなやかに曲がるワイパーはエアコンのすき間や奥まで届き、波型の凹凸状になったシートが細かなホコリや汚れをしっかりとキャッチしてくれます。拭くだけで掃除・除菌・防カビ・消臭・ホコリガードの5役を担い、防カビの効果は最大2ヶ月も。

貼るだけでカビを予防できる『パワーバイオ エアコンのカビきれい』が気になるという方はぜひ下の記事を参考にしてみてください。

どうしても臭いが取れないときは?

ここまでで紹介した臭い対策を実践したり、グッズを買って試したりなどいろいろ手を尽くしても、やっぱりどうしても臭ってしまう場合は、以下の方法を試してみてください。

徹底的にリフレッシュ!業者に清掃を依頼する

エアコン内部の構造は複雑な機種もあり、細かい部分や手の届かない箇所の汚れまで自分でキレイにするのが難しいことも。そんなときはプロの手に頼るのが近道です。

「自分で掃除しても臭いや汚れを落としきれなかった」という方や、「分解するのは壊してしまいそうで怖い」という方は、この機会に思い切ってエアコンをクリーニングしてもらいましょう。

エアコン掃除を扱う専門のハウスクリーニング業者さんに依頼すれば、エアコン本体の分解はもちろん、高圧洗浄機など専門の機器を使って、家庭ではなかなかできないところまで徹底的に洗浄してくれますよ。

また、『くらしのマーケット』では、エアコン掃除はもちろん、そのほかにも幅広いカテゴリのプロがたくさん! 実際に利用した方の口コミを参考にしながら、それぞれの予算に合わせて業者を選ぶことができます。

エアコン掃除をプロにお願いしてみたいという方は、以下のリンクをぜひチェックしてみてください。

もしかして寿命かも?エアコンを買い換える

何を試しても臭いが消えないときは、エアコンがいつごろ購入されたものかも確認してみましょう。

実は標準的な家庭用エアコンは寿命が10年ほどと言われています。さらに、補修の際に性能を維持できるようメーカーが保有している部品(=性能部品)の、最低保有期間は10年とされているのです。

そのため、エアコンを購入してから10年以上経過している場合は、新品へ買い替えを検討してみましょう。現在は省エネタイプのものも多く販売されているので、臭いのリセットだけでなく節電・節約にもつながりますよ。

また、寿命がきていなくてもいつもとは違う音や異臭がしたり、水が漏れたりなどの異変を感じたらすぐに購入先のメーカーへ相談を! 事故防止はもちろん、保証期間内であれば修理費用の一部を負担してもらえたり、無償で修理してもらえる場合があります。

エアコンの臭いを事前に防止する対策方法

エアコンの臭いを取ったあとは、また臭いが発生しないように対策しておくことも大切。ここからは事前に臭いを防ぐ対策として自分でできる簡単なものを紹介していきます。

電源を切る前に!送風モードでエアコン内部を乾燥させよう

臭いを発生させないために大切なのは、エアコン内部に湿気を溜めないこと。そのためには、冷房や除湿モードを使ったあと、すぐにはエアコンの電源を切らないようにしましょう。

エアコンを切る前にしばらく送風運転を行い、結露によるエアコンの内部の水滴をしっかりと乾燥させることで結露の発生をおさえ、臭いの原因となるカビの繁殖を防ぎます。

使わない時期も送風運転を

エアコンは、使わない時期でもホコリや汚れが溜まってしまうので、月に1〜2回でいいので送風運転をしてあげると◎。これにより、内部を乾燥させカビの繁殖を防いでくれますよ。

定期的に掃除をする

エアコン掃除は面倒で忘れてしまいがちな存在ですが、エアコンの臭いを防ぐ上で一番大事とも言える掃除を怠ってしまうと、カビは繁殖し放題。

先ほど紹介したエアコンの除菌・洗浄アイテムなどを駆使しながらこまめにお掃除をすることが臭いの防止への近道です。

【番外編】引っ越したらチェック!賃貸で備え付けのエアコンが臭いときは?

賃貸住宅へ引っ越したとき、まれにエアコンに臭いが残っている場合があります。念のため、お部屋の掃除とともにエアコンの状態もチェックを!

また、引っ越してすぐはもちろん、使っている間に備え付けのエアコンから臭いを感じたときも、ハウスクリーニングを依頼せずにまずは大家さんや管理会社へ連絡してみてください。

部屋の付帯設備に関しては、貸主側負担で修繕・交換をしてくれることがあります。万が一クリーニングの際に壁や床、ベランダなどを汚してしまった場合のことも考えて、必ず事前に相談しておきましょう。

※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2020年10月)に基づいたものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 22979
  • 45
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード