【100均収納】オール100均アイテムでオシャレに見せるキッチン収納!

前回作った棚に、100均のキャニスターやクラフトペーパーなどを用いて、オシャレな見せる収納をしていきたいと思います。

  • 159496
  • 1723
  • 2
  • いいね
  • クリップ

オール100均!オシャレな収納アイテム

キャニスターだけでも数十種類が並ぶ100均の収納アイテム。
最近ではクラフト素材のジップバッグなど食材を保存するのに最適なオシャレアイテムがたくさんあります。
今回はそんな100均のオシャレな食材収納アイテムを使ってキッチンの見せる収納をしていきたいと思います。

乾物にピッタリ窓付きジップバッグ

昆布や乾燥椎茸など一度に使いきる食材ではない乾物がキッチンにはかなりあります。
今まではこんな風にジップロックに入れて保存していましたが、見た目にはちょっとダサくて残念。

そこで、ダイソーのクラフトジップバッグ。
窓付きだから、中身が見えていちいち袋に何か記載する必要がない優れもの。

入れてみるとこの通り!
めちゃくちゃオシャレ!
中身が見えるから取り出しも便利な上に残量も一目瞭然です。

4枚入りの小さいタイプは、ふりかけなどを入れるのにピッタリのサイズです。

このジップバッグに入れると普通のゴマしおが高級なスーパーフードに見えるから不思議(笑)

個包装の食材は密閉のキャニスターに収納

正月が終わると途端に食べなくなって余ってしまうお餅などの食材。

個包装になっているので、そのままでも保存がきくのですが、保存状態をより良く保つために密閉のキャニスターに入れます。

ちなみに上の写真のように個包装ごとに賞味期限の記載がされているものと、されていないものがあるので、外袋に賞味期限の記載があるものは捨てる前に個包装の方に記載しないと分からなくなってしまうので要注意です。

中身が一目瞭然なので取り出しに便利!

缶詰めの収納は強度の高いランチバッグ

料理によく使う缶詰めや瓶詰めの調味料などもキッチンにはたくさんあります。

そんな缶詰めや瓶詰めはまとめてクラフトペーパー風のランチバッグに入れます。
このランチバッグは見た目がオシャレな上に、中が保冷保温ができるアルミフィルムなので強度が高く簡単には破れません。

入れるとこんな感じ。
400mlの缶詰めが6~7個余裕で入れられます。

パスタやレトルト食品などはクラフトペーパーで種類ごとに

クラフトペーパーは大きさが色々とあり、マチがしっかりあるタイプのもの多いので、食材の種類ごとに入れれば取り出す時に便利です。

食材をまとめて入れるのに使うのがこちらのダイソーのカゴ。

200円商品ですが、このように2Lのペットボトルが2本横にして余裕で入れられる大きさです。

二段に分けてカゴに入れました。
かなりたっぷりと収納できます!

毎日使う調味料はキャニスターに

セリアのキャニスターとキャンドゥのステッカーとダイソーのマスキングテープ。

ほぼ毎日使う調味料やコーヒーやお茶のティーバッグなどはキャニスターに入れて、それぞれステッカーを貼ります。
すぐに使えてとっても便利。

収納完了!

全ての収納が完了して、前回作った棚に並べてみました。

今までは乾物や缶詰めや調味料などを棚の引き出しにしまっていましたが、棚の引き出しの中だと、使い忘れて賞味期限が切れたり、ストックし忘れたりしましたが、見せる収納の棚にしたことで、その心配もたいぶ減りそうです。

オシャレに収納するだけではなく、ムダも減らせるこんな収納はいかがですか。

  • 159496
  • 1723
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

海外インテリアに憧れて、5年前から自宅のマンションをDIYでリフォームしてます🛠️100均、300均、ニトリ、IKEAなどのプチプラインテリアでできるホームパー…

おすすめのアイデア

話題のキーワード