白い服の漂白に気をつけること。塩素系でピンク色に染まる?

白い衣服を漂白剤に着け置きしたらピンク色に染まった!なんてことがあるんですね。その原因と落とす方法をご紹介します〜。

  • 28791
  • 319
  • 0
  • いいね
  • クリップ

白い服はいつまでも真っ白をキープしたいもの。

少し黄ばんできたかな?
汚れが目立ってきたかな?

と思ったら漂白剤を使ってつけ置きすることもあると思うんですが。

もし日常的に日焼け止めを使ってたら注意が必要です。

漂白剤に着けたらピンク色に染まる?

塩素系漂白剤を使うと、漂白してるはずなのに、みるみるピンク色が出現しちゃうことがあるんです。

このピンク色の正体は「日焼け止めの一部の成分が塩素系漂白剤に反応」して発生したもの。

塩素系漂白剤で有名なハイターのオフィシャルサイトにも記載がありました。
 

漂白で染まったピンク色を落とす方法

鮮やかなピンク色なので、何も知らないとギョっとしちゃいますが。

慌てなくて大丈夫。
日焼け止めの成分をしっかり落とせばピンク色もちゃんと落ちます!

漂白剤をしっかりすすいで、まずは普通に洗濯してみてください。

それでも落ちなかった場合は

1. 濃縮タイプの液体洗濯洗剤をたっぷり塗る

2. 5〜15分放置

3. 優しく揉み洗いしてよくすすぐ。


これを何度か繰り返せば落ちます〜。


大半は普通の洗濯で落ちると思うので。漂白剤をしっかりすすぐ意味でも、まずは普通に洗濯してみることをオススメします。

ピンクを防ぐには日焼け止めを落とす

落ちるとはいえ、できれば事前にピンク色が出ない様にしたいもの。

腕や手、顔や首元に日焼け止めを塗れば衣類の袖や襟周り。日焼け止めを塗った手で触ったズボンやシャツにも日焼け止め成分は付着します。

日焼け止めの成分が生地に付着していなければピンク色にはならないので、漂白の前に洗濯して日焼け止めの成分を落としておく方が良いですね。

ウチブログのTSUNがお送りしましたー。
参考になれば幸いです!

よろしければブログもぜひ。

  • 28791
  • 319
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。中古マンション購入&リノベーションをキッカケに、快適なおうちの在り方を考える様になりました。シンプルでスッキリした開放…

おすすめ

話題のキーワード