災害時にも役立つ!対流式灯油ストーブ★給油のコツ

オシャレなインテリアのお家で
最近よく見かける
ちょっと懐かしい
本体一体式の石油ストーブ

お部屋にポリタンクを運んでくるのは重いー
そんな時に便利な方法

  • 4372
  • 22
  • 0
  • いいね
  • クリップ

対流式石油ストーブ
給油のちょっとしたコツを!

本体とタンクが一体なので
ストーブをポリ缶まで持ってくか
ポリ缶をリビングに持ってくるか
さあどっち?!の選択なんです

18Lのポリタンクより
ストーブ本体+灯油満タンを運ぶ方が軽いけど、やっぱ重い

ってことで
私が使っているのは【オイルジョッキ】
   




タンクに入れたい分量を
リビングへ運んできて
一気に給油口へ注入〜
(ストーブ満タン分でも4.9Lだし軽いよ〜)
溢れる心配もナッシングー(笑)

先っちょにも、本体にもふた付きタイプを選ぶと
臭さも半減だし
保管時にゴミが入らないのでオススメ


ネットでやってる人の真似です(笑)
考えた人に感謝〜( ̄m ̄* )ムフッ♪

注意)
ストーブの給油口が小さいので
自動停止タイプのポンプは使えないのだヨ

トヨトミ 対流形 石油ストーブ クラシック CL-250(A) インクブルー【コンクリ―ト9畳/木造7畳まで】
商品情報をAmazonで見る
キタコ(KITACO) オイルジョッキ(5L) 汎用 キャップ付属 980-0601500
商品情報をAmazonで見る
  • 4372
  • 22
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

数年前から、古いマンションを少しづつセルフリノベーションしてます  時々、めちゃ大掛かりなセルフリノベたまに、チマチマとハンドメイドいつかやろう〜と材料だけ集め…

おすすめのアイデア

話題のキーワード