大掃除のいらないおうちの保ち方

年末の大掃除お疲れさまでした。
大掃除って結構なエネルギーを使いますよね。
できれば、やりたくないという方も多いのではないでしょうか?

今年こそは大掃除をしなくてもいいようにするぞ!!と意気込んでも、
2月ごろにはホコリがたまりだし・・・
夏には取り返しがつかなくなる⤵︎⤵︎
という経験はありませんか。
数年前の我が家がそんな状況でした!

ですが、今ではちょっとの知識とコツをつかんで、大掛かりな大掃除をしなくてもいいおうちを保てるようになりました♪

そこで、ワーママでもできる『大掃除がいらないおうちの保ち方』について紹介していきます♪

  • 160437
  • 1617
  • 1
  • いいね
  • クリップ

我が家が生まれ変わったきっかけは

我が家が生まれ変わったきっかけは、Instagramのある投稿です。

『おうちの状態は、築年数ではなく手入れの仕方で決まる』

例えば、20年後におうちがよごれていたら、20年も経ったのだからしょうがないと思ってしまいがちですよね。
ですが、きちんと手入れしているお家は20年経っても綺麗な状態を保てるらしいです。

逆に何も手入れをしないと、新築から数年で取り返しのつかない状態になってきてしまうそうです。

それを見てから、『死ぬまで住む予定のお家だから、少しでも綺麗を保ちたい』と思ったのが、生まれ変わったきっかけです。

掃除の負担を減らす最大限のコツ

掃除を簡単にする最大のコツは『汚れを溜めないこと』です。

とは言っても、働きながら毎日コツコツ掃除をするのは大変ですよね。
少しでも掃除の負担を減らすために、我が家では汚れそうな場所はしっかりガードして、事前に汚れを予防しています。

例えば、トースターの受け皿にはアルミホイルを巻いています。
受け皿にはパンくずが溜まったり、溶け出したチーズが垂れて固まったりと、時間が経てば経つほど掃除が大変になりますよね。
そんな受け皿にはアルミホイルを巻いておけば、定期的にホイルを巻き替えるだけで、ずっと綺麗が維持できます。

100均のお洒落なアルミホイルを巻けば気分も上がります⤴︎⤴︎

他にも、このような予防掃除はいくつか実践しています。

①トースターの受け皿にはアルミホイル
②ハンドソープの下には吸水マット
③洗濯機のホースはラップで保護  
   洗濯機のフタはタオルでガード
④コーキングにはマスキングテープ
⑤水回りはカビが生える前にパストリーゼ
⑥換気扇にはフィルター
⑦料理するときは油はねガード
⑧冷蔵庫や食器棚の上には新聞紙
 (※放熱部分には置かないように)
⑨冷蔵庫のサイドポケットの下にはキッチンペーパー
⑩枕や敷布団には防水シーツ

掃除の負担がぐんっと減る『予防掃除』

詳しい実践法が知りたい方はこちらをご覧ください。

汚れを溜めない1週間のお掃除ルーティン

汚れをためないためのお掃除ルーティンを紹介します。
どれも何かのついでにやれることがほとんどなので、ワーママでも無理なく実践できる内容になっています。

《クイックルワイパー(ウェット)》
夏は足のベタつき跡がひどいのでもう少し頻繁にやります。

《棚の上》
クイックルワイパーした時に、そのシートを裏返して棚の上を拭きます。

《窓のサッシ》
棚を拭いた後のウェットシートで、毎回どこか1カ所の窓のサッシを拭きます。

一枚のシートでここまで全部やっても10分弱くらいです♪


《お風呂の念入り掃除》
普段は浴槽を洗うだけなので、
週に一回は子どもとお風呂に入っている間に床や小物&水栓部分を磨きます。

排水溝はカビキラーに頼ります。


《トイレの念入り掃除》
1日1回、トイレのついでにパストリーゼで便座のみ拭きます

週に1度くらいは床なども拭きます。


《キッチン家電の掃除》
電子レンジや炊飯器や冷蔵庫はパストリーゼで拭きます。 (料理を作りながらやることが多いです)


《玄関掃除》
朝出かける前に、子どもが靴を履いている間にほうきでささっとはく程度です。


《2階の掃除機かけ》
我が家は寝るのも1階なので、2階は週一でしか掃除しません。


全部書き出すと大変そうに見えますが、しばらく続けていれば、習慣化してあまり負担に感じなくなります。

こんな感じで続けていると、本格的な大掃除をしなくてよくなりますよ。

無理なく綺麗を保つための2つのポイント!!

大掃除がいらないおうちを保つために大切なことは、
①汚れをためない
②汚れに対しての知識を持つ
ことです。

とは言っても、掃除が苦手な人は何から手をつければいいのか分かりませんよね(><)
数年前の私がそんな状況でした。

ですが、ちょっとの知識とコツを身につけてからは、働きながらでも大掃除がいらないおうちが保てるようになりました。

そこで、
ここに至るまでに学んだ掃除の知識と
試行錯誤して考え抜いた掃除のコツを
全て一つにまとめたnoteを書きました。
これを読めばきっと今よりもっと掃除がラクになると思うので、ぜひ一度のぞいてみてください♪

  • 160437
  • 1617
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード