子どもの作品を行事のメインに!ギャラリーを作って飾ると思い出もよみがえります

小学生までの子ども時代は、工作や絵などの作品が増える時期ですね。一生懸命作った作品です。行事ごとに飾りませんか。我が家の画伯の作品をみんなで楽しみましょう。

  • 36054
  • 40
  • いいね
  • クリップ

子どもの作品、どうしていますか?

小学生ごろまでの子どもは、何かしら工作して作品を持ち帰ってきますね。

学校の授業で作ったモノもあれば、家で工作活動する子もいます。
ドンドン増えていって、家の中は作品で溢れる事態に。

でも、そんな時代も、中学生以降になると、ほとんど持って帰りません。
その時期だけの限定画伯なのです。

そして、完成も素晴らしいですよね。
大人にはマネできない芸術作品です。

私は、もうすでに独り立ちした子どもたちの作品を取って置き
折に触れ、出しては眺めています。

その出してくるときは、季節の行事どきです。

季節の行事

日本には季節ごとの行事がありますね。
毎月、何かしらあるものです。

春、夏、秋、冬

この季節に合わせて、玄関の飾りつけをしています。

その時に、活躍するのが子どもの作品です。

玄関の廊下にあるニッチは、飾るのに便利な空間です。

ここに、子どもが小さかった時に作った作品を出してきては飾っています。

わが子はすでに成人していますが、2~3歳のころの作品は味がありますね。

厳選した作品を残しておく

何もかも取っておくと場所を取りますので、そこは厳選して。

季節に合ったモノを選んでいます。

今ですと、お正月に関係した作品を飾ります。

小学生の時の作品。
書初めで書いたものです。

今時期限定なので、季節感も出ますね。

同じ空間でも、作品によってイメージが変わりますね。

干支の土鈴と共に。

親子の思い出を共有する時間

これから春に向かうと、また作品も入れ替えます。

「これ、取っておいてくれたの?」
「この字、覚えてるよ」
「二重丸もらえて嬉しかった」

会話に花が咲きますね。

親子で時間を共有出来て、その当時に戻ることが出来ます。

モノを大切に取っておくことで
自分が大切に思われていることも実感しているでしょう。

小さかった子どもたちが大きく成長したことも嬉しいですね。



いかがでしたか?

増える子どもの作品を行事の飾りとすることで有効活用できます。

今子育て中の方は、厳選した作品を飾りましょう。

独り立ちした子どもをお持ちの方は
時間の流れを感じることが出来ますね。

我が家は、玄関の廊下に飾っているので
通るたびに懐かしい気持ちになります。

ずっと飾りっぱなしではなく
季節ごとに入れ替えるので、ギャラリーとしても楽しめます。

我が家の画伯の作品を飾って、季節を楽しんでみてはいかがでしょう。

  • 36054
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード