格子柄で、海外インテリアに大変身♪



窓って生活感がでるんですよね。
ここが格子柄のデザインだと海外インテリア風で
お部屋が惹き締まるのではと思い、
作った時の様子をご紹介いたします。









  • 9319
  • 117
  • 1
  • いいね
  • クリップ

元々は・・・・こうでした



よくある普通の賃貸マンションの形。
窓が変わるとガラッと雰囲気も変わるのになぁ~
といつも思っていて・・・・・。


というコトで、
こちらを洋風styleに仕上げていきます。






木枠を作ります



カーテンレールを外し、窓枠に合わせて
木枠を作ります。









凸凹の高さに合わせてます。








突っ張りジャッキを2×4材に取り付けて、









扉を取り付けたい位置に合わせて、柱を設置します。








今度は柱の右側を作っていきます。

幅にはまるサイズの木枠を作り、








木枠の中に木を貼り付け、








ベニヤ板とモールディングをボンドで貼ります。








柱に打ち付けて固定します。








トップのあいている部分に木枠を打ち付け、
こちらにベニヤ板を貼って、








天井までの高さを作ります。






扉作ります



柱に合わせた幅で扉の木枠を2枚作ります。








一番下のみ、窓の桟などが見えないよう
ベニヤ板を貼ります。








扉と柱に丁番を打ち付けます。

(電動ドリルだとずれる時があるので、ドライバーでゆっくり取り付けてます)








こちらも先ほど同様、トップ部分に木枠をつけて
ベニヤ板を貼ります。








だんだん出来上がってきました。
お次はストーブ部分になります。






背面壁作ります



サイズに合わせて木枠を作り、








モールディングでお飾りをして、








ストーブギリギリの高さに合わせて
背面に設置します。








こちらも同様、木枠を取り付けて
板を貼ります。






金具を隠します



突っ張りジャッキの金具の高さに合わせて端材を
ボンドで貼ります。








モールディングなどを貼って隠します。






ストーブ隠します



今度はストーブを隠します。

幅に合わせた木枠を作り、









こんな箱のような形を作ります。








モールディングなどでデコレーションして、
ペンキ塗って、








ストーブが隠れました♪

そのまま入れ込んだだけなので
ストーブを使う時はズズズッと引っ張るだけでOK



そして・・・・・






完成しました♪



格子柄になるだけで、
グッとお部屋の雰囲気が変わりました**

格子柄にはガラスなどは入れてません。
熱がこもらないようにするためと、開放感をもたらすためです。









開閉する時も手を入れてあけしめ出来るので
楽ちんです。








ストーブを使わない時は棚にして、
キャンドルホルダーなどを置いてお飾り楽しめます。








心地良いお部屋は、心を豊かにしてくれます**
毎日過ごすお家、ゆっくりリラックスできる空間だと嬉しいですネ**


何かの参考になりましたら嬉しく思います**



  • 9319
  • 117
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

H2017.5.13登録原状回復出来る方法で、賃貸マンションをDIYしている主婦です。 きっかけはネット販売の際、お家のどの場所でも撮影が出来る様にという思いか…

おすすめ

話題のキーワード