【土壌の湿気:防湿シート】

川越の住宅の現場です。基礎の配筋:はいきん(鉄筋を並べて番線で固定する作業です)作業が終了して、住宅瑕疵担保保険の検査待ちの状態です。検査が無事に終了すると、コンクリートの打設になります。

鉄筋の下には、全面に透明のポリエチレンシートが敷かれています。コンクリートを打設すると見えなくなってしまいますが「防湿シート」といって、土壌からの湿気を防ぐ効果があります。

文字通りたくさんの水滴が着いているのが見るので、効果があることがよくわかりますね・・・。

  • 1057
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1057
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

ケヤキやエゴ、ソロなど武蔵野の緑豊かなアトリエの中で実際の体験を通しながら、お客さんと一緒に、それぞれの家族の「暮らし」を考え、 デザインを通して新たな空間を提…

おすすめのアイデア

話題のキーワード