キャンドゥ のウッドビーズを使って簡単カーテンタッセルをハンドメイド

最近はまっているナチュラルや北欧インテリアに合うウッドビーズを使ってカーテンタッセルを作ってみました。インテリアに馴染むナチュラルなカラーがおすすめです。

  • 40490
  • 90
  • いいね
  • クリップ

材料

キャンドゥ  
ウッドビーズ ブラウン 3つ
ウッドビーズ ナチュラル 3つ
ウッドビーズ ベージュ 3つ
コットンコード 0.5cm幅
(コットンコードは手芸用品ですのでハンドメイドショップなどでも買えます)

セリア
カラージュート ナチュラル

まずは0.5cm幅のコットンコードを70cmにカットして、ウッドビーズの3種類を順番に穴へ通していきます。0.5cm以上太いコットンコードですと穴に通せませんので購入する際には注意ください。カーテンを巻いて収まるくらいの長さになるまでコットンコードの真ん中にウッドビーズをあわせます。

大体22〜24個のウッドビーズが連なるとちょうどよい感じになりました。カーテンの厚さに合わせてウッドビーズを合わせましょう。ウッドビーズが抜けないようにコットンコードを2回結び両方の玉留めをします。

次にコットンコードの両端に3つずつウッドビーズを通し、同じように2回結んで玉止めをします。

2本作ってできあがりです。連なるウッドビーズ部分にカーテンを束ねて収めてから縛るとちょうどよい感じになります。もう少し長さがあった方がいい場合は、コットンコードを長めにとりウッドビーズを合わせましょう。

カーテンを閉めている間は、カーテンタッセルフックにぶら下げているだけでも可愛いですよ。

シンプルなリネンのカーテンに合わせて作ったウッドビーズのカーテンタッセルはカーテンのおしゃれをグッと引き立ててくれます。

残ったウッドビーズを使い、セリアのカラージュートと合わせてカーテンタッセルを作ってみました。

カラージュートを1メートルカットしたものを6本用意し、その6本を2本ずつ3本の束にして三つ編みをしていきます。

三つ編みをしていくとコットンコードと同じくらいの太さになります。
最後まで編み込んだら片方だけ強く結び、片方は6本の束を小さくまとめ、ウッドビーズを間隔をあけて通していきます。

7cmほどの間隔をあけてウッドビーズを通し最後に結び目をつけて完成です。

ナチュラルなカーテンに合わせてみました。どちらもシンプルで簡単に作れるカーテンタッセルなので、ぜひ作ってみてください。デザインの参考になれば嬉しいです。

  • 40490
  • 90
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード