寒さをお腹の中から吹き飛ばす温かお蕎麦『ミンチ小松菜の餡かけかきたま蕎麦』

寒い時って、餡かけ物でいただくと
ごはんでも、おうどんでも、お蕎麦でも
普段以上に熱々に感じて体も温まりますよね。
そこにミンチの旨味も加えて美味しいお蕎麦に仕上げました。
『ミンチ小松菜の餡かけかきたま蕎麦』の作り方です♪

  • 1143
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

餡かけかきたまの熱々お蕎麦をどうぞ

お蕎麦は年越しに食べたから良いとおっしゃらず
ぜひ召し上がっていただきたい(笑)
生蕎麦ですと、茹で時間も短くて済むのでとっても便利
蕎麦を食べると言うだけでなく、餡かけも食べる感覚で
温まってくださいね~♪

ミンチからも出汁

出汁は二人分として作ります。
・水、カップ6 (沸騰で蒸発する分も考慮して)
・かつおだし顆粒、小さじ1
沸騰してきたところで
・合い挽きミンチ、250g
を、入れます。
強火だとミンチが固くなってしまうので、弱火で加熱します。

灰汁取り

汁をきれいに

沸騰して出てきた灰汁と余分な脂を取り除きます。
おたまの裏を使って表面張力を利用して灰汁を1箇所に集めて
取り除きます。
脂は、全部取り除いてしまうと旨味もなくなるので
お好みで程よく残します。

風味

・小松菜、1束  根っこを落とし5cmていどに切って
・生姜、大1カケ  皮ごとすりおろします。

生姜は皮ごとすりおろすと、より香りが良くなりますので
オススメです。

味付け

・三温糖、小さじ1
・薄口醤油、大さじ2
・みりん、大さじ2
・塩、ひとつまみ

水溶き片栗粉

餡かけ物を作る時に大事なのは、
☆片栗粉の粒子が充分に水を吸っていること
☆水解き片栗粉を入れたらすばやくかき回し、
 5分間はシッカリと煮立てること。
この2つで、水戻りしないシッカリとした餡になります。

ですので、水溶き片栗粉は先に作っておくのがベストです。
・片栗粉、大さじ1強
・水、カップ半分弱

沸騰しているところに入れて、最低5分は沸騰を続け
とろみを定着させます。

とろみが付いたら

保温状態にして、お蕎麦の茹で上がりを待ちます。

生蕎麦

乾麺よりも保存はききませんが、
茹で時間が短くて済むのが生そばの特徴です。

・お好みの生蕎麦、2人前
茹でます。

卵を溶く

お蕎麦を茹でている間に、(ほんの3分ほどで茹で上がるので)
かきたま餡の、かきたまの為のたまごを溶きます。
・たまご、2~3個 (お好みの量で)

たまごは白身の繋がりをしっかりと切っておきます。
黄身に菜箸を突き刺してから、ボールの底に菜箸を立てるようにして持ち
左右にすばやく動かすことで、簡単に白身の繋がりが切れて
なめらかな溶きたまごになります

餡の中にたまごを放つ

とろみのある餡の汁の中に溶き卵をそのまま流し入れてしまうと
塊になりやすいので、おたまを使って入れます。

おたまに溶きたまごを入れて、沸騰した餡の中に
おたまごと沈めて、ゆっくりと鍋底に平行に円を描くように回すと
遠心力で溶きたまごが餡の中に放たれます。
ふわっと均等な溶きたまごになります。

丼も温めて

餡の汁は冷めにくくはありますが、丼も温めておきましょう。
ふとした心遣いで最後まで美味しくいただけます。

実食

モッタリ過ぎる餡ではないですので、
すすって美味しいお蕎麦を充分に堪能できます。

少し甘みを感じる穏やかな味わいの餡に生姜が香り
ふわとろのたまごと、甘い小松菜が良いアクセントになります。

生姜と餡で、体ポカポカですね♪

味変(アジヘン)

半分ほどそのまま頂いたところで
味に変化をつける『味変(アジヘン)』も、オススメです。

梅干しを入れても美味しいのですが
チューブで楽な「しそ梅」なども出ていますので
味の変化で、最後の一滴まで美味しくいただけます。

風邪の季節、体を冷やさないようにご自愛下さいませ。
餡と生姜で体ポカポカの、美味しい温かいそば
『ミンチ小松菜の餡かけかきたま蕎麦』の作り方でした♪

  • 1143
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード