観葉植物の飾り方と水遣りのアイデア

我が家の観葉植物、ハンギングプランツの水遣り方法についてご紹介します。

  • 6577
  • 32
  • 0
  • いいね
  • クリップ

植物のある暮らし、グリーンが家の中にあるととっても癒されますよね。

我が家では観葉植物をハンギングにしたり、置いて飾っています。

☝︎こちらはリビング。
ハンギングプランツを中心に配置しています。

☝︎こちらは天井近くから1階まで垂れ下がるように吊り下げているポトス。
我が家の吹き抜けを飾る大きなアクセントになってとても気に入っているのですが、ツルだけでも数メートルあるので水遣りのたびに外すのは重労働です。

そこで今回はInstagramの方で時々質問されるハンギングしている観葉植物の水遣りについてご紹介したいと思います。

まず用意するのはS字フック4つと鉢の大きさに合ったビニール袋の2点。
フックはどんな物でも可。
袋は鉢の大きさに合わせて下さいね。

ビニール袋に関しては色々な種類の物を試してみた結果、あくまで私の主観ですが透明の保存用ビニールが1番強度があって水漏れもなく良いです。
ちなみにこちらはダイソーの保存用透明ビニール袋です。

この様に、袋の口にS字フックを4つ取り付けて、鉢に引っ掛けたら準備完了。

この状態で鉢底から溢れる位、お水をたっぷりとあげます。

水が落ちなくなったらフックとビニール袋を撤去して水遣り完了です。

ちなみにこちら☝︎の植物はまだ私1人で持ち運び出来る大きさと重さなので、冬場はお風呂場で、気候の良い時期は外に出して水遣りしています。


水をあげるタイミングについては植物の種類にもよるのですが、一般的に広く取り扱いのある観葉植物なら土が乾いたら鉢底から溢れ出る位たっぷりとあげています。
メリハリを付ける事が大切だそうです。


植物ついては また改めて管理方法など綴っていきたいと思っていますのでその際はお付き合いくださいませ。

  • 6577
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード