イクラ丼!おせちから味わいを変えてさっぱり美味しい「ヘルシーイクラ丼」

昨年の秋から不漁でお値段の上がった赤い宝石『いくら』
高嶺の花と思いきや、
トラウトいくらの、小粒ですが美味しいいくらと遭遇。
味わいの弱さを調整して、
さっぱりと経済的で食べやすいイクラ丼にしました♪

  • 1260
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

重たくなりがちなイクラ丼をさっぱりと美味しくいただく♪

海鮮丼でいただく『いくら』も美味しいのですが
さっぱりと美味しくいただける『いくら丼』は、いかがでしょうか♪

トラウトいくら

高嶺の花の『いくら』はとっても高価でしたが
いくらよりも一回り小さい『トラウトいくら』は
醤油漬けや塩漬けで冷凍になっていると、
業務用にスーパーなどではお正月の目玉商品として、お安く手に入ったりします。

このトラウトいくらは、500g入りで2000円台で手に入りました。
ただ、味が今ひとつハッキリとしませんので
みりん(煮切らないもの)と濃口醤油を同量で足して
味にメリハリを付けました。
しばらく置くと(ほんの15分程度)浸透圧の関係でふっくらと美味しい
仕上がりになります。

しばらく置いたら

冷凍解凍のトラウトいくらでも
小粒なりにキラキラとふっくらな仕上がりになります。

レタス

みずみずしくさっぱりとするレタスは
色合い的に、味わい的にもいくらとベストマッチ!

二人分の丼で
・レタス、中葉っぱ5枚 
 千切りではなく少し太めの『百切り』(笑)程度に切ります。

小松菜

レタスのみずみずしさだけでなく、
小松菜のほろ苦いながらに甘い味わいが、
色合い的にも味わい的にも、歯応え的にも良い味わいにしてくれます。

・小松菜、1束 よく洗って根本を落とし5cmに切っておきます。
・沸騰させたお湯、約カップ4
・塩、小さじ2
で、柔らかすぎないように茹で
そのままザルに上げて、絞らずに水気を切ります。

炊きたてご飯

レンジでチンした冷やご飯でも良いのですが
やはり、炊きたてご飯が良く合います。

各人の丼に、好みの量の炊きたてご飯を入れて
・切ったレタス
で、ご飯を覆うように盛り付けます。

白炒り胡麻

・湯がいて水気を切った小松菜
を、レタスの上に添えて、全体表面に
・白炒り胡麻
を、ふりかけて香ばしさを出します。

盛り付け

真ん中にたっぷりと
・味付けを変えたトラウトいくら
を盛り付けます。

コレステロール等を気にされない方は(笑)
卵の黄身を真ん中に乗っけるのも色合いがきれいですね。

ですが、今回はさっぱりといきたいので、卵の黄身は無しですすめます。

実食

思った以上にレタスのみずみずしさが良い仕事をしてくれます。
大きくちぎるよりも、この『百切り』程度の切り方のほうが
より、みずみずしさとシャキシャキ感を感じます。

醤油とみりんで味わいを強めたトラウトいくらは
レタスや小松菜と良く合って、白ごまで香ばしくなったごはんと
ベストマッチです。

酢飯で丼にされる方もいらっしゃいますが
あえての、『炊きたてご飯』が、より美味しくしてくれます♪

食べても食べても重たくならず、つぎの一口の美味しさを期待してしまう
そんな、ヘルシーな美味しさの『トラウトいくら丼』の
作り方のご紹介でした♪

  • 1260
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード