岐阜の石場建て

木組み・土壁・石場建てによる「伝統工法の家」です。
時間の経過とともに味わいが深まる家になるよう、構造材から下地材や仕上材に至るまで、自然の素材を使いました。

  • 140
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

丘の家。丘の上小さな木の家です。

正面より。家の中心にはリビング、いまから夕食ですね。

真壁の妻壁。日本の家が長く持つ理由は、真壁です。

石場建て。基礎の立ち上がりはなく、石の上に家が立っています。

玄関。縦格子の玄関戸は、和を感じますね。

外から見るリビング。南北に風が流れます。

内から見るリビング。山を眺めながらの食卓。

リビング。寒い冬は暖かい太陽の光を取り込みます。

リビング。寒くなったら障子を閉める。

リビングから和室を見る。和室(寝室)は一段上がった畳の間です。

和室八畳。部屋に合わせて製作した障子の照明。

廊下1。光と風の流れる廊下。

廊下2。廊下を利用した本棚。

台所。左手にはホーローのキッチン。右手には作り付けの収納スペース。

薪ストーブ。土壁と薪ストーブは相性が良い。 厚さ80ミリの土壁が火の暖かさを蓄熱してくれる。 まるで家に体温があるようです。


リビング。1.3m×2.3mの大きなガラス戸。

外観。壁は板張り、屋根はいぶし瓦

濡れ縁。軒の出1.2mの濡れ縁。

木組みのテーブル。オリジナルにデザインしたテーブルです。

木組みのテーブル。極力接着剤を使わずに作りました。

木組みのテーブル。込栓と鼻栓。

木組みのテーブル。手がんな仕上げ。

木組みの照明。照明もオリジナルにデザインしました。
  • 140
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「木組み 土壁 石場建て」で職人が作る「伝統工法・和風建築」を手掛けています。自然 素材と謙虚に向き合い、「心地よい木の家」を目指しています。心地よい自然 素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード