セリアで作るビンテージ木箱風の収納ボックス

古道具やビンテージなどで見かける、仕切りのある木箱を、セリアの小さな木箱をリメイクして お手軽に作ってみました。
キッチンの収納や ディスプレイボックスとしても使えますよ◎

  • 9364
  • 150
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

今回使ったのは、セリアの定番アイテム

インテリアキューブディスプレイボックス×12個です。

6個ずつ、2段に重ねて深さのある木箱にしたいと思います。


それから、


この 12個のインテリアキューブディスプレイボックスの周りに貼るための ベニヤ板も用意します。

(今回は木目の綺麗なシナベニヤを使いましたが、合板や安いベニヤ板でも出来ます)

100均の木箱などは、若干サイズにズレがあるので

実際に12個並べてみて、それから外寸をはかり、はかった寸法より1〜2mm程大きめにカットしておくと良いと思います。

前後の2面分と、両サイド
シナベニヤの交わる部分の厚みも考慮して測ってくださいね。


その他、お好きな塗料、必要であれば お好みの取っ手を用意してくださいね。





組み立て

インテリアキューブディスプレイボックスは、それぞれ 接着面全てにボンドを塗って固定します。

その後、周りに貼るベニヤ板も、ボンドで貼り付けます。

前後のベニヤ板を貼って↓

左右も貼って↓

最後に、底板もボンドで接着します↓

そしたら、細い釘で固定します。

細い釘は ペンチで固定してから金槌で叩くと、ズレにくいし、誤って指を打ってしまう事もなくて
安心ですよ ◎

底板の周りと、左右の板の周りに釘を打ちました。

取っ手を付ける

次に、持ちやすい様に、取っ手を付ける事にしました。

今回使った取っ手は、板を挟んで、内側からネジで固定するタイプのものだったので、取っ手のネジがくる位置に印を付け、ドリルで下穴を開けます。

取っ手を当てて、内側から付属のネジで固定しました。

取っ手のネジのお陰で、キューブボックスとシナベニヤの接着の補強にもなりました◎

どこにでも使いやすい様に、ブラックのシンプルな形の取っ手を選びました。

これで、組み立ては完了です。

塗装

最後に、いつも使っている
「ブライワックス ウォールナット」
を全体に古布を使って塗り込みました。

シナベニヤを使ったので、木目が綺麗です。

使い込んでいくうちに経年変化も楽しめそうです♩



完成

キッチンに置いて、収納に使ってみました。

500mlのペットボトルや、調味料のストックなどを入れるのにちょうど良いです。


仕切りのある木箱を、いちから作ろうとすると大変そうですが、100均の木箱をリメイクすると、割とお手軽に作れますね。

こんな感じで、ディスプレイも楽しみながら収納に使っています。




インテリアキューブディスプレイボックスを6個だけ使って、1段の浅めの箱にしたり、

横置きにして ディスプレイシェルフにしたり。。

色々アレンジできるんじゃないかな、と思います。




最後まで見ていただき、ありがとうございました!





ブログもやってますので、良かったら↓

アメブロ公式トップブロガー

  • 9364
  • 150
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード