照明使いで印象が変わる。光と影を楽しむインテリア

天井照明一つじゃ物足りない。
ライティングにこだわった部屋作り。

  • 5718
  • 39
  • 2
  • いいね
  • クリップ

それぞれの個性を生かしたライティング

6畳ほどの我が家のダイニングスペース。
この写真の中にいくつ照明器具が使われているか分かりますか?


次の写真から一つずつ消していってみます。

まずは写真右、玄関入ってすぐ、リビングとダイニングを結ぶ場所に設置してあるフロアライト。

シェードの上下から漏れる光が壁を演出。

次にメイン照明。

といっても電球一つなのでそれほど明るくはないんです。
この滑車のデザインが気に入って購入したので、明るさは求めていませんでした。

棚の一番上に置いている、壁掛けもできるデスクライト。
コロンとしたサイズ感に、アンティークな雰囲気がお気に入りです。

クリスマスの飾りつけ用に購入したLEDケーブルライト。
シーズンオフはメイソンジャーに入れて間接照明として活躍してくれます。

最後に消したのはこちら。
ソファ横に引っ掛けてあるハンドランプ。

足元を照らすとなんだかミステリアスな雰囲気になりますよね。

フレームの影が壁に映し出されるのがポイントです。

メイン照明とフロアライトだけでも十分だと思われるかもしれませんが、部屋の隅や壁などを照らすことによって奥行きが出たりするので私にとって間接照明はマストアイテム。
(まだ増やしたいくらいです。笑)

  • 5718
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアグッズ

兵庫在住30歳二人暮らし。趣味はキャラ弁・ネイル・インテリア♡平日キャラ弁作って仕事へ持って行ってます。お気軽にフォローしてやってください。Ameba:http…

おすすめのアイデア

話題のキーワード