悩んだら思い出したい!人間関係のモヤモヤを減らす暮らし方

生きていれば、人と関わる機会もたくさんでてきます。一人じゃないからこそ楽しくて、だからこそたまに苦労することも。苦手だなと思っても避けられない人との関わりは、自分の中でどう考えを変えたらラクになるのでしょう? 書籍『たぶんそいつ、今ごろパフェ食ってるよ』(サンクチュアリ出版)から著者Jamさんの言葉とイラストを借りてご紹介します。

※以下の文章は、書籍『たぶんそいつ、今ごろパフェ食ってるよ』(サンクチュアリ出版)から一部抜粋、編集したものです。

  • 3074
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

イヤな人や嫌いな人って結局自分にとってどんな存在なんだろう?

あの人はいい人、あの人は悪い人。それって何を基準に決めているのだろう? と考えたことがあります。同じことを言われても、感謝できることもあれば、カチンとくることもあります。その日の気分で感じ方が変わることもあるし、憎むほど嫌いな人も、ある人にとっては無二の友人だったりします。(Jamさん)

その人のことをジャッジできるのは、あくまで自分が知っている範囲だけです。そう思うと、いい人悪い人とは、「今の自分にとって」都合のいい人悪い人なのかもしれません。私は悪い人ばかり会うなと思ったときは「今、どんな状態?」と立ち止まることにしています。

環境が変わったとか……。気持ちが疲れているとか……。もし、心当たりがあるならそれも原因の一つかもしれません。(Jamさん)

「なんか嫌だな」と感じるときは、自分を見つめるサイン

相手のことが嫌だなと感じたときは、自分の心の状態に目を向けるというJamさん。確かに、自分が満たされているときは、あまり人のことは気にならないかもしれません。

この書籍には、「人間関係のモヤモヤ」「自分へのモヤモヤ」など暮らしていれば、たちはだかる悩みに関する考え方が漫画と一緒に掲載されています。生きていれば、色々なことがあります。少しでも心がラクになる考え方のヒントがこの書籍から見つかりますように。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 (Sanctuary books)
商品情報をAmazonで見る

▼こちらの記事もチェック▼

本当にやりたいことを後回しにしている「あなた」に読んでほしい本

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ』(サンクチュアリ出版)の著者であるJamさんは、悩みの多い人間だったといいます。友人に言葉をかけてもらってから心がラクになり、まわりの人を癒やすべくTwitterにマンガを描き始めたとのこと。ここでは、心に引っかかっていることを解消できる漫画を本書から少しだけご紹介します。 ※この文章は『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ』(サンクチュアリ出版)から抜粋、一部編集したものです。

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内格安航空券ならスカイチケット!

  • 3074
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード