~築30年木造戸建てリノベ~古い建物に、自分たち流のスパイスをMIX!!

住み替えるなら、中古を買って自分たちの好きなようにリフォームしたいと考えたご夫妻。リフォーム前提で築30年の2階建て住宅を購入しました。そのリノベーションストーリーは…?

  • 4126
  • 13
  • いいね
  • クリップ

地元の一戸建てで育ってきたふたり。やっぱり住みたいのは…

「同じ街の一戸建てに住みたいと思い、家を探しました。他のエリアやマンションに住むイメージはなかった」と話すお客様。中古物件を中心に探し始めましたが、思ったより安くなく、リノベ費用まで考えると予算がオーバーしてしまったそう。「中古に少し手を加えれば、と思っていたのですが、大きく変えないと自分たち好みの家にならないことが分かってきたんです」。そこで注目したのが、築年数の古い家。家の資産価値はなくなり、ほぼ土地の価格という物件もあります。

「これなら手が届く、と。もともとレトロな味わいは好きなので、古さをいかすことができればと思って」。ただ、老朽化による耐震性など、構造面には不安が残ります。そこで、ご夫妻は先にリノベーション会社に依頼し、物件を一緒に見てもらうことにしました。スタイル工房を選んだ決め手は、リノベ施工例のセンスと、耐震技術だったそうです。

プロの「目」を借りて購入したのは、築30年の中古戸建て

洗面建物の老朽化は、築年数や見た目だけでは判断の付きにくいもの。スタイル工房の担当者が建物の傷み具合を見極めたうえで、購入したのは築30年の物件。リノベーションの希望は、1階をワンルームのLDKにすることでした。キッチン・和室と分かれていた間取りを、ひとつの大きな空間に。間仕切り壁をなくした部分には、梁を入れてしっかり補強し、耐震性を確保しました。もちろん、施工前にも耐震診断を実施し、建物全体のバランスを見ながら、随所に耐震補強を行っています。断熱材も全面に施し、外壁の塗り替えや、窓まわりの漏水対策など、住宅性能も大幅にアップさせました。築30年の戸建ては文字通り、末永く安心して暮らせる家に生まれ変わったのです。

コストを抑えつつ、夫婦の好きな世界観が伝わるデザインに

キッチン設備やクロスなどは自分たちで購入しつつ、得意のDIYで梁や床の塗装を自ら行いました。鮮やかなブルーの玄関ドアも、ご自身で選び、塗装したものです。そのためにスタイル工房では、お客様の希望を叶えられるよう、工期に少し余裕をもたせた施工計画を立てました。水回りのタイルや輸入クロス、照明なども自分たちで探してきたこだわりの品。古い木の家具に馴染むオーク無垢の床や、ステンレスの業務用キッチンが、どこか懐かしさを感じさせる家の雰囲気にぴったりです。反面、水回りの位置は極力変えずに使える既存品は利用する、2階は内装のみ一新、などのメリハリもつけました。リビングの一部にある奥様のアトリエは、上部は抜けたガラス戸で仕切られ、お互いの存在を感じつつ、作業に集中できる仕様です。

休日はお家で、黙々と好きなことに励むことが多いというふたり。同じ空間にいながら、それぞれが心からくつろげる…そんな時間を満喫しているそうです。

【設計・施工】

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(火・水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
【横浜店】横浜市都筑区仲町台2-1-9せせらぎハイツ1階(火・水定休)
【リノベーションギャラリー】東京都杉並区梅里1-7-17 k&2ビル3F(火・水定休)
 完全ご予約制。ご予約は浜田山店までご連絡下さい。
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

  • 4126
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

スタイル工房は、東京・神奈川(※)でリフォーム・リノベーション・新築を行う、設計・施工会社です。スタイル工房のスタンダードは、「肩肘はらず、ありのままに、くらし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード