収納場所に合った置き方が大事。イケアの人気収納棚を一人暮らしのキッチンに使う

キッチンの狭い場所に、家電も調理道具も置く、となると、収納棚も選んでいく必要があります。イケアの収納棚は、一人暮らしのキッチンにピッタリサイズでした。

  • 87556
  • 191
  • いいね
  • クリップ

一人暮らしのキッチン

キッチンの収納は、家族がいても一人暮らしでも気になる場所です。

家電の数はそれほど変わるわけではないのですが、住まう家の大きさは
一人だと狭くなります。

家電の置き方も無理やり置くことになると、使いにくくなりますね。

炊飯器の置き場所が奥になり、電気ポットが前に置かれています。
使いにくさから、ご飯を炊く回数が減っていました。

また、壁の奥行きによって、置くモノが限られるので
スペースがあっても使わずに空間になっている場所もあります。

イケアのレールベリ・シェルフユニット

今回は、ここを上手く生かした収納を考えます。

奥行きが浅く、幅がある棚を探していて
これだ!というモノを見つけました。

イケアのレールベリです。

この棚の特徴は、上から順に棚板の奥行きが深くなっているということです。
上の段は狭く、下の段は広いのです。

奥行きを必要とする家電は下に、小さなモノは上に置くことで
奥行きも空間も有効に使うことが出来
視覚的なスッキリ感も得られ、動線も邪魔しません。

家電を置きます

早速、家電を配置しました。

炊飯器も電気ポットも
無理なく使うことができます。

奥行きを必要とするトースターは下段、
普段あまり使わないIHヒーターは最下段に置きました。

奥行きによって置く場所を選ぶのはもちろんですが
一番奥行きを必要とする家電に合わせて家具を選ぶと
小さな家電には奥行きが深すぎて、かえって使いにくく
接地場所のスペースも余計に取られます。

また、下の方がどっしりとしているので
安定感があるのもいいですね。

空間が開いているので

最上段が空いています。

特に置くモノはないと思っていましたが
雑貨を置いてみました。

スピーカーやフェイクグリーンを置くことで
インテリア的にも余裕が感じられます。

何もないのもいいですが
ある程度、モノを飾ることで
郵便物などのチョイ置き防止にもなります。
お試しください。

いかがでしたか?

一人暮らしの狭いキッチンにピッタリの棚、イケアのレールベリをご紹介しました。

狭いからと言って、何でも押し込めていると
せっかく持っている家電を活かしきれないこともあります。

この棚に置くようになってから
炊飯器の稼働率が上がり
自炊回数が増えたそうです。

家電の前にモノを置かないことで
使って戻すが容易に行うことが出来ます。

少しでも棚の奥行に余裕があれば
前にモノを置きがちですが
それがないので使いやすく、スッキリ見えます。

自分の持っている家電を有効に収納できるといいですね。

  • 87556
  • 191
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード