【同じドア(木製建具)でも、手間が全然違うんです】

独楽蔵で設計する場合は、ドアや引き戸なども木製建具は、現場で製作することが多いのですが、既製品のドアと手間がどう違うのか・・・?

①一般的な既製品のドアは、木目のビニールシートがすでに張ってあって、ドアと枠が一体になっている状態で、現場に搬入、大工さんが取付をして終了〜。

②現場製作のドアは・・・
1.現場監督さんが枠の数量を計算して、材料を発注
2.大工さんが寸法を測りながら、枠をつくる
3.建具屋さんが現場で寸法を測って、工場で建具を製作
4.出来上がった建具を現場で調整、建て込み、金具付け
5.塗装、和紙張りなどの仕上げ

おしまい。

いろいろな業種の職人さんが必要ですし、手間と時間がぜんぜん違うんです。

  • 1246
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1246
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード